2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
大阪公立大学(現代システム 環境社会システム)
出身校
大阪府立高津高等学校
出身教室
開成ハイスクール 鶴橋教室
代ゼミサテライン予備校 鶴橋教室

 私が本格的に受験勉強に向き合ったのは、実は高校3年生の秋でした。3年生の春ごろまで部活動中心の生活で、引退してからもダラダラとした勉強をしていました。それでも、高校入学時から通っていた開成ハイスクールの授業と、2年生の冬から進捗が遅れつつも受講していた代ゼミサテラインの授業は頑張っていました。
 3年生の秋、休む暇もないほど大量の模試がやってこようとしている時期でした。大学別模試も迫る中、過去の模試で7割くらいE判定しか取っていない私は焦りました。「この模試でやらかしたらヤバイ」と。そんな時期から焦っても意味はなく、あえなく惨敗。
 でも、ここからが本番でした。過去に受けた授業3年分を必死に復習しました。塾の授業の良い所は受験対策のために考えこまれているところです。代ゼミサテラインの面談では、私の学力を知ってくれているフェローの先生と具体的な計画を立てました。ずっと塾に通っていると気付かないですが、塾は学校とは一味違う、手厚いフォローがあるのです。受験は秋からじゃ間に合わない、という認識は確かに間違ってはいません。しかし、秋から努力しても結構伸びるものです。大切なのは、自分の周りにあるものをフル活用して、最短距離を走ることが出来るかだと思います。最短距離の走り方は、塾や学校の先生がよく知っています。そして、最短距離を走るのに必要な環境は、家族や友人の支えが大きいと思います。もしこれを読んだときに「勉強どうしよう、間に合わない。何から始めればいいんだろう。」と思っているなら、勇気を出して塾の先生や学校の先生に相談してみてください。その一歩は、合格への一歩だと私は信じています。

【保護者からのメッセージ】
 受験生であった期間、長かったようにも短かったようにも思えます。高校からは「学校でうるさく、追い立てるように指導しているので、家では優しく見守ってあげて下さい」と言われていたので何も言わないを心がけてはいました。娘は家で勉強に集中できないと言い、1時間かけて自習室へ行ったり、カフェで勉強するという形をとっていました。家で勉強する姿はほとんど見たことが無かったため、本当に勉強が足りているのかと聞いて反発にあうこともありました。親から見ると注意したくなる状態でも信じてあげるのが1番と今は思います。
 又、塾の授業、サテラインの映像授業に大変お世話になったことも本人の力になりました。それに定期的にして頂いた面談はメンタルの面からもすごく支えになったと感じています。
 本当にありがとうございました。

大阪公立大学の合格体験記