2023年度 合格体験記

合格者 喜びの声
2023年度 合格体験記

開成教育グループの生徒達から、
合格お祝いの笑顔とメッセージが届いています!

合格おめでとう!

合格校
関西大学(人間健康 人間健康)
出身校
大阪府立高槻北高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ JR茨木教室
代ゼミサテライン予備校 茨木教室

 私は本格的に受験というのを意識したのは高校3年生の秋になる頃でした。元々ここの大学に行きたい!という想いもなく、ただ日が過ぎていくのを待つだけでした。塾に通い出したのも夏からで、高校3年生の春に受けた模試は偏差値が38でした。それもあって、どこの大学でもいいやという惰性が心のどこかにあり続けていました。しかし、周りも受験勉強に本格的に取り組み始めて、私自身もそろそろやり始めようと本格的に頑張り始めました。これが公募終わりの12月です。そこからまずは共通テストを意識して、日本史を頑張りました。代ゼミサテライン予備校の土屋先生の映像授業の1つで対策をしました。私が共通テストとの相性が良く志望校だった京都産業大学と関西大学の必要点数をギリギリで取ることができました。結果としては良かったのですが、他の人はもっと余裕を持って勉強した方がいいです。理由としては、私大対策が間に合わないからです。私は京都産業大学の対策はあまりせず関西大学の対策に集中しました。あまりにも点数が取れない、時間がなくメンタルがギリギリでした。でも、周りの先生方のおかげで何とか乗り切り、一般で受けた大学は全部合格することができました。
 私は、塾の面談でおすすめされた、関西大学の共通テスト併用という入試方法をメインとして対策していました。国語と日本史が得意な人は、共通テスト併用がおすすめです。共通テスト2教科と一般国語だけで合否判定してくれるからです。私はこれに救われました。本当に傍から見ても大逆転だと思いますし、私もそう思っています。これから受験が本格的に始まる人は、まず行きたい大学を決めて、どんな入試方法があるのか調べて少しでもこれなら合格できるかも?というのがあれば、それを活かせるように勉強をしてください。受験は結果で決まります。前もって作戦を立てれば逆転の目はあるので頑張ってください。

関西大学の合格体験記