大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


のび太のママの説教

 みなさんもご存知の方で、もっとも叱り方の下手なお母さんがいます。

 それは、のび太のママです!

 のび太のママの叱り方には、反面教師となる点が3つあります。

 ①感情的になじる ②くどくどと長い ③子どもの話を聞かない

 確かに、のび太少年には、テストで0点を取るなど、問題行動といえることが多くあります。

 親として許しがたいと感じる気持ちはよくわかります(子どもが0点とっても、何も感じないのは問題がありますね)。

 そういう意味では、のび太ママが怒るのも、もっともだと言えます。

 しかし、たとえ、そのことが親側から見て正しいことであったとしても、子どもの行動に変化がみられる、つまり、効果的でないと意味がありません。「怒りたいから怒る」というのは、親のストレス発散にはいいかもしれませんが、実際に、子どもを正しい方向に導くことにはつながりにくいのです。

 でも、そんなのび太のママから学べることもありますね。

 要は、反面教師にすればいいのです。
 ①感情的にならない。なじらない  ②話は短く、コンパクトに  ③子どもの話を聴く

 怒りたいときに、のび太のママの顔を思い出してみましょう。

コメントは受け付けていません。