大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


夏の疲れを残さない方法

もう9月になりました。この夏もあっという間でした…。
夏の疲れは残っていませんか?

開成ハイスクール鶴橋教室の生徒を指導していて、「最近伸びてきたなぁ」と実感します。
第二回模試、英語の結果は…
元バスケ部キャプテンのK君は8割達成。
元ダンス部キャプテンのKさんも8割達成。
元テニス部のキャプテンのM君は9割達成。
まだ引退していないラグビー部のM君も8割達成。
彼らはまさに「文武両道」の生徒たちです。

さて、今重要なことは、夏の疲れを残さないこと。
食事にも気をつけてみましょう。

この時期は、疲労回復に効果のある食材を摂りたいものですね。
まず、たんぱく質です。
肉・魚類・卵・大豆製品に含まれていて、抵抗力がアップします。

次にビタミン・ミネラルです。
体の調子を整えます。
ビタミンの中でも、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える代謝を助け、疲労回復に即効性があります。不足すると、エネルギー代謝が上手く行われず、だるさや疲労感が蓄積される原因にもなります。

ビタミンB1は、豚肉・うなぎ・レバー・枝豆・玄米などに多く含まれ、強い殺菌効力と疲労回復効果のある栄養成分アリシン(にら、たまねぎ、にんにく、生姜)と一緒にとると、吸収率がアップします。

また、ビタミンC(レモン、ブロッコリー、キャベツ、ゴーヤ、キウイフルーツなど)には、暑さなどによるストレスから身体を防御する働きや、疲れにも効果的です。ビタミンB1・Cは、摂りだめすることができないビタミンですので、普段から特に意識して摂りたい栄養素です。

夏の疲れを残さずに、充実した秋を過ごしましょう。
開成ハイスクール英語科 大道英毅

 

 


コメントは受け付けていません。