大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・徳島・東京・埼玉に展開する小学生・中学生・高校生 クラス指導、個別指導の進学塾・学習塾

開成教育グループ


受験生がこの時期に食べておきたい食物

センター試験が終わり、いよいよ出願の時期になりました。

私立入試も本番を迎えます。

 

試験の当日、リラックスして臨めるように、普段から食べておきたいものがあります。

 

豆腐:精神状態を静め、適度なリラックス状態を生む食べ物です。豆腐には、セロトニンを作るのに必要な栄養素「ナイアシン・ビタミンB1」が豊富に含まれています。

バナナ:安眠効果のあるセロトニンを含む果物。ポリフェノールも豊富に含まれています。

チーズ:リラックス効果のあるセロトニンを増やすには、トリプトファンが必要。チーズには豊富に含まれています。

納豆:セロトニンの材料は、必須アミノ酸のトリプトファンで、納豆などの大豆食品に豊富に含まれています。

ハーブティー:色々と種類があり、リラックス、鎮静、安眠、頭痛の軽減など様々な効果があります。

ココア:テオブロミンという成分が、自律神経を整え、リラックス状態を維持してくれます。また、抗酸化物質として注目を浴びた「カカオ・ポリフェノール」という成分が含まれていて、ストレスへの抵抗を強めてくれます。

柑橘系の果物:レモン系の香りを嗅いだり、柑橘系の食べ物を食べたりする事で、眠気を覚ますことができます。

チョコレート:香りに適度な覚醒作用があります。ぶどう糖も含まれているので、脳のエネルギー源にもなります。

 

この時期、精神的な安定が最も重要となります。ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

開成ハイスクール英語科 大道英毅

 

 


コメントは受け付けていません。