「習ったことがある」のに、テストを受けると点数が取れないキミに

2015年12月18日

Q  

勉強時間は、人よりも多い自信があります。

でも、テストを受けると「習ったことはある」「やったことはある」のに、点数が取れません。

 

A

「やったことがある」のにテストで結果が出ないキミは、自分の勉強法が正しいか疑ってみた方が良い。

「やった」ときに、キミはそのテーマを本当に「理解」したのだろうか。

ぼんやり、ふんわりとした「分かった」では、本当に「理解」できたとは言わない。

「理解」できているかどうかを確かめるには問題演習が不可欠だ。

勉強をしたテーマについて、練習問題を解いただろうか。

 

解いてみると、必ず「できた問題」と「間違った問題」があったはずだ。

キミは、そこの段階で勉強をおしまいにしていないだろうか。

それは、できた問題とできなかった問題を「区分」しただけだ。

間違った問題を、解けるようにしてはじめて、そのテーマができたという状態になる。

そして、そのテーマを「理解」できたという状態になる。

 

そして、次の日にもう一度間違えた問題をやり直す。

そこで正しい答えを出すことができたときに、やっと「定着」したという段階になる。

この手順を毎日繰り返すこと。

そうすれば、必ず、キミのテストの点数はアップする。

 

できなかった問題を放置していても、いつのまにか「自然治癒」して、できるようになるなどと言う奇跡は起こらない。

できなかった問題にこだわって、できるようにすること、それ以外に点数アップする方法はない。

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦