1週間の勉強でやるべきことを書き出してみよう

2016年3月11日

1週間の勉強でやるべきことを書き出す

 

勉強の計画を立てるときには、まず、最初は、

勉強でやるべきことを書き出しておくことから始めよう。

 

一日ごとに書く欄が分かれている少し太めの手帳を勉強計画ノートとする。

そこに自分の予定と毎日実際に自分が行った事実とを書いていく。

 

できれば一週間単位で作業を行い、この一週間にやるべきこと、

そしてそれぞれの日にやるべき内容を割り振っていく。

この作業をするだけで毎日の学習の能率は格段に上がる。

 

そして、一日の勉強内容と時間、そして何が身に付いたのかなどということを

手帳にひかえておくくらいのことから、始めておくと良い。

 

簡単にでも毎日の計画を書き出しておけば、

「今日はこれだけすればよい」というふうに、日々の勉強の量も明確になる。

 

そして、予定した勉強が終わるたびに、書き出した項目を斜線で消していく。

 

終わった項目をつぶしていくのは楽しくなり、勉強に弾みが付いていく。

項目を一つ消していくことで、小さな達成感がそのつど得られる。

そこからやる気が生まれてくる。

小さな達成感を重視するべきだ。

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦