本格的な学習管理ノートの作り方について その3

2016年3月23日

1週間でやりたいことを5等分して月から金に振り分ける

 

書き込む前に、1週間でやらなければならない予定の勉強量を明確にして、それを5で割って計画を立てるようにする。

なぜ、5で割るかというと、5で割ったものを月曜日から金曜日までの5日間の予定に振り分けてしまうためだ。

毎週、月曜日から金曜日までは、たいてい同じ様な生活をするものだ。

同じ時間に学校に行き、同じぐらいの時間に家に帰ってくる。

だから計画が立てやすい。

 

そうやって一日単位で、毎日の勉強予定を立てていく。

予定外のことがあった場合には、土曜日にそのやり残した分を勉強する。

日曜日はあけておいて、別に予定を組んでおくようにしたい。

特に高校3年生にもなると日曜日は、模擬試験などでつぶされてしまうだろうからだ。

受けた模擬試験の復習など、特別な計画も出てくるだろう。

 

月曜日から金曜日までは、毎日同じペースで日々の勉強の予定をする。

土曜日は遅れを取り戻す日だと考える。

そして日曜日はその他の勉強に充てると考えるのだ。

 

予定の部分には、以前書いた「中ぐらいの時間」をベースにして、

その日に何を勉強する予定かを書き込んでいく。

こういう作業を日曜日に、翌週の分の予定を作り、ノートに書き込むのだ。

note

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦