日々の学習管理ノートの活用法 その②

2016年3月30日

キミたちの普段の授業の復習を再現すると

 

キミたちの普段の勉強を再現すると、こんな具合になるだろう。

 

まず、授業を受ける。

そこで、新しい知識を身につける。これが、「理解」だ。

予習を十分にやってきた人にとっては、この授業自体が「復習」になる場合もある。

 

さて、授業を受けた後、復習をしなければならない。

 

復習をして、学んで理解した知識を「定着」させようとするだろう。

 

そのためには、必ず問題を解く必要がある。

自分の理解が十分だったのかを確かめるというよりも、理解は授業だけではそもそも不十分であると思って、確実な理解と定着のためには、復習は不可欠のものと認識するのだ。

復習もしないで、知識の正しい理解や定着などはあり得ないと思っておこう。

 

例えば、復習として教科書の傍用(準拠)問題集の該当箇所を解くとする。

問題数が仮に10問あったとしよう。

その問題に取り組んだ日付を書いてから、解き始める。

 

普段の勉強で、最もダメな生徒は、この作業を定期テスト直前にバタバタとする。

しかも、テスト範囲を試験前にすべて終わらすこともできない。

そんなことでは、テストで良い点を取ることなど不可能だろうし、普段の日々の勉強を疎かにしている生徒だと言われても仕方がないだろう。

 

次のレベルの生徒は、さすがに定期テスト直前には、テスト範囲の問題をすべて一度は解いてはいるが、それでおしまいにしている生徒だ。

 

優秀な生徒は、その箇所を習ったらすぐに該当箇所の類題を解く。

そして、できなかった問題に、それが自力で解けるようになるまで何度もアプローチをする。

 

書いてしまえば実に単純な内容だが、これが優秀な生徒の勉強に共通する特徴だ。

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦