重要な2割の理解をまず優先して学べ

2016年7月29日

重要な2割の理解をまず優先して学べ

 

例えば、英文法を学習する場合だ。

分厚い英文法の参考書を見ると、さまざまな英文法上の原則や例外、いろいろな表現が書かれている。

ところが、実際に英文を読む際に、それらの英文法の知識で、いつも本当に必要なものは全体の2割程度である。

 

例えば、私の手元に、とある英語構文の参考書(問題集)がある。

前半の3分の1くらいのところで、

A is to B what C is to D(いわゆるクジラ構文)の解釈問題と説明がある。

そして、その20ページほど「後ろ」に、

not only A but (also) B の解釈問題と説明がある。

そして、そのさらに100ページほど「後ろ」に、

have + O + 原形不定詞・分詞 の解釈問題と説明がある。

 

少しでも、実際の生きた英文を読んだ人なら、この順番で「英語構文」を学ぶのはでたらめだと思うだろう。

 

実際には、「not only A but (also) B」は、「クジラ構文」の100倍は実際の英文で出てくる。

理屈の重要さから言ったら、「have + O + 原形不定詞・分詞」の構文は、さらにより大切だ。

つまり、参考書に書かれたすべての項目が、「等しく」大切というわけではない。

重要性に差があるのだ。

 

私は、まず重要な2割の理解を優先しろと言いたい。

科目の骨格にあたる、重要な知識を先に優先して習得することが大切なのだ。

 

■骨格にあたる、重要な知識を先に優先して習得することが大切だ

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦