フリーステップの講師から大切な2割をまず教えてもらえ

2016年8月5日

「薄めの問題集を使って勉強をしろ」、という受験アドバイスがある。

それは「早く一冊仕上げる」という精神的な安定を求めていることもあるが、薄い参考書を勉強することでも、重要項目は一通り網羅されているので理解が一気に高まるということもある。

分厚い参考書や問題集になると、重要なものも例外も、なんでもかんでも載せようとしてしまう。

ところが、薄いものだと大切なことだけしか書けなくなる。その意味で薄い問題集が役に立つのだ。「重要項目○○」というような参考書を用いるのも良いかもしれない。

 

もちろん、入試によく出題されるのは、「原則」の「例外」にあたる、むしろ「8割」の部分かもしれない。しかし、重要な「2割」を押さえることで、全体の理解のスピードは加速的に早まる。

枝葉の知識を増やすのはそれができてからで十分だ。

 

それが済んではじめて、私が前に強調した、「すべてを網羅した学習をしろ」というアドバイスが生きてくるし、実行することができるのだ。

 

■まず重要な2割の理解を心がけよう

 160805_img

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦