公募推薦まであとわずか7ヶ月しかないという意味

2017年4月7日 金曜日

公募推薦まであとわずか7ヶ月しかないという意味

 

早いものでもう四月です。

 

もう1年の4分の1が過ぎたことになります。

時が過ぎるのはすごく早いものですが、受験生、特に高校3年生の諸君たちは、そのことを実感しているでしょうか。

 

というのは、私は、毎年多くの受験生を見ていますが、意外に、この春の時期になっても受験まで時間が十分にはないということを意識しているように思えない生徒がずいぶん多いからなのです。

 

しかし、受験までの時間は本当に短いのです。

 

先日、面談で、ある生徒に「高校3年生には3学期はないのだよ」と言いますと、「そういえばそうですね」と驚いたように反応していました。

 

高校3年生の1年には、1学期と2学期しかないのです。

 

高校生の受験は、11月にある「公募推薦」、1月にある「センター試験」、そして2月から始まる私立大学の「一般入試」と国立大学の二次試験。

多くの高校生は、これらの試験を意識しながら、この受験期を過ごします。

そして、受かった順に試験を「卒業」していきます。

 

最初の試験は、11月の「公募推薦」。

「公募推薦」までは、もうあとわずかの時間しかありません。

 

11月までは、この4月がまるまるあるとして、5月、6月、7月、8月、9月、10月。

残りの時間は、11月の途中で試験なのだから 7ヵ月半ぐらいとなります。

 

さて、その7カ月ですが、お正月から今までですでに3ヶ月が済んでしまいました。

それのようやく2.5倍が、皆さんに残っている時間なのです。

 

この残り時間のなさは、特に公立高校生に強調しておきたいと思います。

 

公立高校生たちの高校受験は3月でした。

3月に受験し、3月の17日ごろに合格発表がありました。

 

そういう公立高校の生徒たちは、自然に身に付いた体内時計というものがあるようです。

これがなかなかの曲者なのです。

 

3月に高校受験をしたものだから、大学受験もつい3月ごろにあるような勝手なイメージを「体内」に持ってしまうのです。

 

ところが、大学受験はそうではありません。

 

公募推薦を受ける多くの受験生たちにとって、4月からの残りはわずか7ヶ月半なのです。

 

7ヶ月とはどのくらいの時間でしょうか。

 

公立高校生たちが受験をした3月を基準に、「逆算」して考えると、2月でひと月、1月でふた月、12月、11月、 10月、9月、 8月で7ヶ月となります。

そこからもう半月戻ると、7月の半ばぐらい。それが丁度、今の時期なのです。

7月半ばと言えば、当然夏期講習も始まっているし、あと2週間ほどで8月となります。

そんな時期、それが、高校受験のときに置き換えた今の4月という時期なのです。

 

「受験まで残り7ヶ月」ということは、そういうことなのです。

 

キミたちの中に、「さあそろそろ受験勉強を始めようか」とか、「もう少し勉強をどう始めるか様子を見てみよう」とか、そんなのんびりしたことを思っている人はいないでしょうか?

 

高校受験より、なお難しい大学受験に挑戦するというのに、実際そんな生徒がかなり存在するようです。

 

これを読んでいる大学受験を目指す新高校3年生や保護者の皆さんは、今の時期は、高校受験のタイムスケジュールに置き換えると、実はすでに7月の半ば、あと少しすれば8月にもなろうというような時期であるということをしっかりと認識して欲しいのです。

 

思っている以上に、大学受験日は早くやってきます。

 

少しでも早く本格的な受験勉強を始めましょう。後に後悔をしないためにも。

 

■一日でも早く、受験勉強を始めましょう。後で後悔せぬためにも。

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

「良き受験生」と言うこと

2017年3月3日 金曜日

「良き受験生」と言うこと

 

日本語に「良き」という言葉がある。

いろいろな言葉にその「良き」あるいは「良い」を使うとことができる。

例えば、「良き父親」「良き母親」あるいは「良い医者」「良い教師」などである。

 

これに対して、「悪しき」「悪い」という言葉もある。

「悪い親」「悪い母親」「悪い医者」「悪い教師」などである。

 

さて、ここに一人の役者がいるとしよう。

その役者に、ある舞台で、「良い医者」の役、あるいは「良い教師」の役を演じて欲しいと依頼したとしよう。

きっと、その役者は、たったそれだけの条件であっても、なにがしかのイメージをもってそれらしく演技をすることができるだろう。

 

同様に「悪い父親」の役、「悪い政治家」の役をやってくれと依頼すれば、おそらく彼は、それなりに上手にその役を演じることができると思う。

 

つまり、「良い」という言葉が意味すること、あるいは「悪い」という言葉が意味するものは、それを聞く人たちにとってずいぶんと共通のイメージなのである。

 

さて、前置きが長くなった。

 

話題を君たち高校生に置き換えてみよう。

 

保護者からの、自分の息子、あるいは娘が、まだ受験生としての気構えができていない、とか、受験生としての振るまいができていないという、悩みを聞くことがある。

 

多くの場合、保護者が持っている、「良い受験生」というイメージに、自分の子どもがマッチしていない、合わないということからそういう訴えがあるのだ。

 

今、高校2年生の諸君は、来春の受験を控えているから、時期的には受験生のはずだ。

 

しかし、時期的に受験生であると言うことと、中身まで受験生になっているかどうかは別問題だ。

 

自分が受験生なっているかどうかは、客観的に誰でも分かるものである。

 

「良き受験生」として、世間のイメージ通りのふるまいをしているかどうかということだ。

 

大人の役者にではなく、子役の役者に「良き受験生役」を頼んだとしても、その子はおそらく、夜遅くまで勉強をするとか、いつも単語集を持ち歩くとか、あるいはテレビやゲームというものを遠ざけようとするというような、演技をするのではないだろうか。

 

「悪い受験生」を演じてくれと言えば、子役のその子でも、いつまでもダラダラとテレビを見たり、夜遅くまでテレビゲームをしていたり、申し訳程度の勉強する、そのような受験制約を演じるのではないだろうか。

 

自分が良い受験生になっているかどうかは、どうしても自分が当事者であるために、自分を客観的に見ることが難しいかもしれない。

 

でも、自分の日々の過ごし方を第三者が見たときに、それがどう見えそうか、それを想像することは、そんなに難しいことでない。

 

受験までのしばらく期間、ぜひ「良い受験生」を演じて欲しい。

それが、志望校合格への第一歩だ。

 

まずは、「形から入れ」ということなのだ。

 

■受験を成功させるためには「良い受験生」でなければならない。良い受験生になるためには、まず、その「形」から入るべし。

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

重要な2割の理解が、全体の理解を大いに助ける

2016年8月1日 月曜日

重要な2割の理解が、全体の理解を大いに助ける

 

パソコンのソフトやDVDデッキなどのマニュアルには全てが書かれている。

しかし、全てが同じくらいに重要な内容とは限らない。

 

書かれていることの2割も分かれば結構使いこなせるようにもなる。

 

英会話だって、日常よく使う表現集から2割も覚えれば、現地での会話の8割は何とかなるものだ。

 

勉強も同じだ。

 

キミたちは、フリーステップに通っているのだから、そこでの指導を大いに活用すべきだ。

優秀な講師であれば、キミのレベルを見極めて、重要な「2割」の項目から指導してくれるだろう。

パソコンやスマホの使用法など、自分で解説マニュアルをよんで使い方を覚えるより、人から重要なところを教わった方が圧倒的に早いし、また楽でもあることは誰でも想像できるだろう。

 

■キミたちは、フリーステップに通っているのだから、そこでの指導を大いに活用すべきだ

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦

どんな大学入試であれ必ず「対策」はできる

2016年4月13日 水曜日

どんな大学入試であれ必ず「対策」はできる

 

キミたちが受ける本番の試験は何種類ある?

センター試験、二次試験、私立大試験?

 

それぞれ、問題のレベル、合格者に要求される点数、学習方法は異なる。

 

どれも、同じく「英語」という科目が課されるからと、その試験のタイプの違いを軽視した対策をする、同じような試験などという勝手なイメージを持つなどはいけない。

どの試験も、科目名を見れば「英語」「数学」「国語」と同じだ。

しかし、試験問題のタイプは全く違う。そのため、その対策も異なる。

 

目指す試験が異なるのに、単にイメージとして、難問とか易しい問題などと言っても始まらない。

 

そして、キミたちに特に強調しておきたいことは、どんな試験であっても、純粋な意味での「実力試験」というものはないということだ。

実力を「生」で試されるような試験はこの世には存在しないぐらいに思っておこう。

およそどんな試験であっても事前の「対策」ができる、ということを信じよう。

 

そしてその対策は、試験ごと、つまり志望する大学ごとで異なる。

 

対策の基本となるのは、何と言ってもその大学の過去の入試問題だ。

過去の入試問題をみればどういうレベルのどういう知識が要求されているのかが分かる。

それを数年分、実際に解いて調べておこう。そうすれば、その学校の要求しているレベルや傾向というものがよくわかる。

入学試験は、まず科目ということの縛りがある。

そして、紙に書く、あるいはマークシートで答えるなどの違いがある。

しかも、制限時間や範囲があり、さらにレベルがある。さらに出題傾向もある。

これらのことから、試験ごと、つまり志望する大学ごとの効果的な対策というのは、十分にできるということを信じよう。

 

■志望する大学ごとの効果的な対策は、必ず十分にできる

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

 

本格的な学習管理ノートの作り方について その3

2016年3月23日 水曜日

1週間でやりたいことを5等分して月から金に振り分ける

 

書き込む前に、1週間でやらなければならない予定の勉強量を明確にして、それを5で割って計画を立てるようにする。

なぜ、5で割るかというと、5で割ったものを月曜日から金曜日までの5日間の予定に振り分けてしまうためだ。

毎週、月曜日から金曜日までは、たいてい同じ様な生活をするものだ。

同じ時間に学校に行き、同じぐらいの時間に家に帰ってくる。

だから計画が立てやすい。

 

そうやって一日単位で、毎日の勉強予定を立てていく。

予定外のことがあった場合には、土曜日にそのやり残した分を勉強する。

日曜日はあけておいて、別に予定を組んでおくようにしたい。

特に高校3年生にもなると日曜日は、模擬試験などでつぶされてしまうだろうからだ。

受けた模擬試験の復習など、特別な計画も出てくるだろう。

 

月曜日から金曜日までは、毎日同じペースで日々の勉強の予定をする。

土曜日は遅れを取り戻す日だと考える。

そして日曜日はその他の勉強に充てると考えるのだ。

 

予定の部分には、以前書いた「中ぐらいの時間」をベースにして、

その日に何を勉強する予定かを書き込んでいく。

こういう作業を日曜日に、翌週の分の予定を作り、ノートに書き込むのだ。

note

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

 

本格的な学習管理ノートの作り方について その2

2016年3月21日 月曜日

大学ノートを使って毎週の予定と実績を管理する

 

まず、「大学ノート」を用意する。

一週間で大学ノートを見開き4ページを使用する。

見開き2ページで4日間(月曜から木曜まで)、次の2ページで3日間分(金曜~日曜と余白)。

そこに予定・実績・反省などを書く。

 

見開きのそれぞれのページを縦に4つに折り曲げる。

次に上の方の5分の1位のところに横に線を引く。

次に下から4分の1位のところにも横に線を入れる。

 

1ページの半分を、1日分とする。そこに月日を書き込めば、準備完了である。

さらにそれを半分に折り曲げて予定を書き込み、

もう半分を実際に行った勉強を書き込むようにする。

 

上の5分の1の部分には、この一週間にやろうと思っていること、例えば、「何というテキストで、どんな単元を勉強するか」というようなことを、書くようにする。

ここで注意してほしいのは、どの科目もまんべんなく一通り勉強するように、

勉強の偏りが出ないように気をつけて1週間でやるべき課題を書き出すことだ。

 

1週間の初めに、これから始まる週の週間計画を一日ごと、

折り曲げた左半分に書いていく。できれば1~2時間を単位として、何の勉強をするつもりか書く。

時間の目安は、先に書いた「中くらいの時間」単位の学習計画をベースにする。

 

■大学ノートの見開き4ページで1週間分を管理する

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

 

本格的な学習管理ノートの作り方について その1

2016年3月18日 金曜日

■「誰でもできる」本格的学習管理ノートの作り方

 

高校3年生になり、本格的に受験勉強を始めだしてからは、あまり簡単な学習管理では、有効な計画は立てづらい。

これからしばらく、大学ノートを使った学習管理法について書いておく。

 

学習計画ノートを作っている人も多いだろうし、高校受験の時に受験計画表を作った人も多いことだろう。

ここで紹介するのは、キミたちが立ち向かう大学受験に際しては、より確実に学力をアップさせるための、「学習管理ノート」だ。

 

これは「学習計画ノート」ではない。

「学習管理ノート」だ。

その違いは、ノートの中身の何に重点を置くかだ。

 

これは、誰でもできるとはいえ、少しレベルの高い学習方法になる。

以前述べた勉強計画作りがまだできていない人は、それを3ヶ月程度は実行してみてから、この「管理ノート」を作ってみよう。

 

一般の学習「計画」ノートは、これから何を勉強するかの方に重点がある。

 

私が、キミたちに勧める「学習管理ノート」は、

毎日の勉強で何を残したか、何を定着させることができたかを管理することにも重点を置くノートだ。

 

■私が勧める「学習管理ノート」は、勉強計画のみならず、毎日の勉強で何を残したか、定着できたかを管理することにも重点を置いている

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

 

時間はどこにどれくらいあるのか

2016年2月17日 水曜日

勉強に使える自由な時間には3つの種類がある

 

すべての受験生の一日には、「拘束されている時間」と「自由な時間」の2つがある。

 

学校で授業を受けている時間と、夜に寝ている時間の2つは、拘束されている時間だ。

この2つの時間中には、他のことはできない。

 

授業中に内職をするように勧めている本や先輩もいるだろうが、

多くの場合、それは大変効率が悪い。

高3になり、受験も近づいてきた段階で、全く受験に関係のない科目であれば、

それもやむを得ない場合もあるが、

受験に必要な科目であれば、内職は授業をまじめに受ける以上の効果があまり期待できないから、

基本的にはやめておく方が賢明だ。

どうしてもと言うのなら、せめて授業と同じ科目の内職をしよう。

それが、先生に対する最低限のエチケットだ。

 

また、睡眠時間は、少なくすると日々の学習効率に悪影響を及ぼす。

長期的には、かなりのマイナスを生じる可能性がある。

最低6時間は取っておこう。

 

こうしてみると、キミたちが使える自由な時間は、学校の授業時間と睡眠時間以外ということになる。

 

この時間を「大きい時間」、「中ぐらいの時間」、「小さい時間」の

三つの種類に分けて考えると実戦的だ。

 

■自由に使える時間は「大きい時間」「中ぐらいの時間」「小さい時間」の3種がある

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

 

ゴールから逆算した「短期・中期」の計画を立てよう

2016年2月15日 月曜日

ゴールから逆算した「短期・中期」の計画を立てよう

 

ゴールから逆算した計画を立てるためにも、

短期計画、中期計画は、ゴールにたどり着くことを念頭に置いて組み立てていかなければならない。

 

先を見通した計画を立てることは、なかなか難しいものだ。

日々の学校や塾などの課題に追われ、自分自身の目標や課題との結合、

つまり学習計画への組み込みは難しい。

 

短期計画は、毎日の学習計画と密接に関係する。

そこで、毎日の時間管理、時間の使い方を次回から見ていくことにしよう。

 

その際、計画を立て、実行するにおいて大切になるキーワードとして、

「自律」と「優先順位」の2つを挙げておこう。

 

「自律」は、計画を遂行する自分に課する課題として、

また、「優先順位」は、計画実行の客観的な判断材料として重要だ。

 

この2つのキーワードが、計画を立てる際において、常に大切になってくる。

 

ここで強調しておこう。

 

■「自律」は、計画を遂行する自分に課する課題として、

「優先順位」は、計画実行の客観的な判断材料として大変重要だ

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

 

「気力(やる気)」について その1

2016年1月4日 月曜日

「やる気」には、2つの段階がある

 

「気力」とは、何だろう。

「気力」を、キミたちの日常的な言葉で言うなら「やる気」ということだ。

「やる気」の大切さは、誰もが認めるところだろう。

 

その割には、「やる気」という物の実体について知らない、あるいは意識しない人が多すぎる。

「やる気」というものの実体をここでキチンと把握しておこう。

 

「やる気」には「出す」ことと、それを「維持する」という2段階がある。

「よーし、やってやろう」という、「やる気」を出すことと、

「今日も頑張るぞ」という、「やる気」の持続だ。

 

「やる気」には「出す」ことと、「維持する」という2段階がある

 

まずは、「やる気」をどうすれば生み出せるのか、

どういう環境では「やる気」は生まれないのか理解しよう。

 

「頑張る」と言うこと。それはどう日々の生活に反映するか

 

「気力」を尽くして「頑張る」、「やる気」を出して「頑張る」などと、

「気力(やる気)」には、「頑張る」ということは、必ずセットになっている。

 

受験生は、みな簡単に「頑張る」という言葉を使う。

 

「これから頑張る」「今日は頑張った」「明日は頑張ろう」など。

しかし、頑張るという言葉ほど個人差のある言葉はない。

 

京都大学に合格したある生徒がこう言っていた。

 

「受験生よく使う言葉で、最も意味が違う言葉は『頑張る』という言葉だ」と。

 

人によって、これほど大きく意味が違う言葉はない。

 

ある人は、たった1時間勉強したことでも「頑張った」という。

ある人は、一日中朝から晩まで勉強したのに、「まだまだ頑張りが足りない」という。

 

私は、「頑張る」と言うことが、一番ストレートに反映すること、

つまり、目に見える頑張る姿になることは、先に強調したことだが、まず「時間」だと思う。

 

■やる気のレベルは、まず「時間」に反映する

 

それは、不変の真理だ。

まず、頑張るべき時間を日々の生活の中で確保することが大切だ。

それが、すべての前提である。

 

確保した時間をどう有効に活用するかなど課題はたくさんあるだろうが、

勉強のための最低限の時間を捻出できない人は、

形の上での「頑張っている」にはなっていない。

 

「頑張る」と言うことは、受験の土俵に登ることだ。

時間を確保できないようなら、まだまだ、受験生にはなれていない。

 

この項つづく

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦