フリーステップの講師たちに高1スタート時の勉強の大切さを聞くと

2017年4月18日 火曜日

フリーステップの講師たちに高1スタート時の勉強の大切さを聞くと

 

個別指導の講師たちはほとんどが大学生だ。

さすがに子ども達に勉強を教えようというような学生たちなので、基本的には皆、学力は高く、そして良い大学に通っていることが多い。

 

彼らに、この間、ある質問をしてみた。

「高校に入学した生徒が、受験勉強を頑張った後なので、しばらく勉強は休んで、まずはクラブなどの高校生活を楽しんでみよう、あるいは塾を休んでみようと言う。そういうような選択肢はあるのだろうか」という質問だ。

 

彼らは皆、口をそろえて、「そういう選択肢はあり得ない」という。

 

彼らは、「勉強をゆっくりしたいというのは分かるが、高校では中学とは比べものにならないくらい、今まで以上に難しい勉強が始まる。さらに英語や数学といった科目は、高校1年生の最初に習うところが大変重要で、そこでの出来不出来が後々大きな影響を与えてしまう」と言う。

 

その意見は、大学受験で一定の成功を収めた大学生とっては、一種の常識なのだろう。

 

昔。ある偉い経営者が、「20歳(はたち)の時に40歳の知恵が備わっていたら天下が取れる」というような言い方をしているのを聞いたことがある。

 

「天下を取る」というのは一つの例えだろうが、要するに、その高名な経営者は、若いうちに先を見通した知恵が、大人の経験を踏まえた知恵があれば、将来のためにその時期を有意義に過ごせるのだというようなことが言いたかったのだろう。

 

高校に入ったばかりの15歳に、20歳のお兄さんやお姉さんたちの知恵を同じように持てというのは難しいかも知れないが、20歳の講師たちの意見と実感を、全く想像できないことでもないだろう。

高校1年生の15歳の時の、高校スタート時の勉強の重要性は、それを疎かにした者は、ほんの半年位先には、苦い時間を持ってしみじみと分かるものである。

 

最低でも高校1年生の夏までは、まずは全力で勉強することだ。

 

そして自分の属している学校の中で、勉強でそれなりの立ち位置を占めるべきなのだ。

 

いったん、高校1年生の時に、勉強ができる生徒であると、教師や友人から評価されれば、その地位を失うことはあまりない。できない生徒であると評価されてしまうと、そういう立ち位置でそれからの高校時代を過ごすことになる。

 

窓の外の散り始めた桜の花を見ながら、いつもこの時期にそういうことを思っている。

 

■高1スタート時の勉強は、高校の成績と大学受験の結果の全てを左右する

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

公募推薦まであとわずか7ヶ月しかないという意味

2017年4月7日 金曜日

公募推薦まであとわずか7ヶ月しかないという意味

 

早いものでもう四月です。

 

もう1年の4分の1が過ぎたことになります。

時が過ぎるのはすごく早いものですが、受験生、特に高校3年生の諸君たちは、そのことを実感しているでしょうか。

 

というのは、私は、毎年多くの受験生を見ていますが、意外に、この春の時期になっても受験まで時間が十分にはないということを意識しているように思えない生徒がずいぶん多いからなのです。

 

しかし、受験までの時間は本当に短いのです。

 

先日、面談で、ある生徒に「高校3年生には3学期はないのだよ」と言いますと、「そういえばそうですね」と驚いたように反応していました。

 

高校3年生の1年には、1学期と2学期しかないのです。

 

高校生の受験は、11月にある「公募推薦」、1月にある「センター試験」、そして2月から始まる私立大学の「一般入試」と国立大学の二次試験。

多くの高校生は、これらの試験を意識しながら、この受験期を過ごします。

そして、受かった順に試験を「卒業」していきます。

 

最初の試験は、11月の「公募推薦」。

「公募推薦」までは、もうあとわずかの時間しかありません。

 

11月までは、この4月がまるまるあるとして、5月、6月、7月、8月、9月、10月。

残りの時間は、11月の途中で試験なのだから 7ヵ月半ぐらいとなります。

 

さて、その7カ月ですが、お正月から今までですでに3ヶ月が済んでしまいました。

それのようやく2.5倍が、皆さんに残っている時間なのです。

 

この残り時間のなさは、特に公立高校生に強調しておきたいと思います。

 

公立高校生たちの高校受験は3月でした。

3月に受験し、3月の17日ごろに合格発表がありました。

 

そういう公立高校の生徒たちは、自然に身に付いた体内時計というものがあるようです。

これがなかなかの曲者なのです。

 

3月に高校受験をしたものだから、大学受験もつい3月ごろにあるような勝手なイメージを「体内」に持ってしまうのです。

 

ところが、大学受験はそうではありません。

 

公募推薦を受ける多くの受験生たちにとって、4月からの残りはわずか7ヶ月半なのです。

 

7ヶ月とはどのくらいの時間でしょうか。

 

公立高校生たちが受験をした3月を基準に、「逆算」して考えると、2月でひと月、1月でふた月、12月、11月、 10月、9月、 8月で7ヶ月となります。

そこからもう半月戻ると、7月の半ばぐらい。それが丁度、今の時期なのです。

7月半ばと言えば、当然夏期講習も始まっているし、あと2週間ほどで8月となります。

そんな時期、それが、高校受験のときに置き換えた今の4月という時期なのです。

 

「受験まで残り7ヶ月」ということは、そういうことなのです。

 

キミたちの中に、「さあそろそろ受験勉強を始めようか」とか、「もう少し勉強をどう始めるか様子を見てみよう」とか、そんなのんびりしたことを思っている人はいないでしょうか?

 

高校受験より、なお難しい大学受験に挑戦するというのに、実際そんな生徒がかなり存在するようです。

 

これを読んでいる大学受験を目指す新高校3年生や保護者の皆さんは、今の時期は、高校受験のタイムスケジュールに置き換えると、実はすでに7月の半ば、あと少しすれば8月にもなろうというような時期であるということをしっかりと認識して欲しいのです。

 

思っている以上に、大学受験日は早くやってきます。

 

少しでも早く本格的な受験勉強を始めましょう。後に後悔をしないためにも。

 

■一日でも早く、受験勉強を始めましょう。後で後悔せぬためにも。

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

理解積み上げ型の科目とそうでない科目がある

2016年9月12日 月曜日

理解積み上げ型の科目

 

これに対して、もう一つのグループがある。

 

進度とともに難易度がアップしていく科目である。

数学や英語、そして物理や化学といった科目である。

 

数学や物理や化学の参考書はもちろん、英語のリーダーの教科書も、

最初の方のページの難易度と最後の方のページの難易度との間には、大きな違いがある。

 

当たり前だが、最初の方のページは易しそうに見えても、テキストの後ろの方に行けば行くほど内容の難易度が上がってくる。

 

そういった科目は、最初の方ができたということだけでは、全体の学習の見通しは立たない。

このような積み上げ式の科目は、順を追った対策が必要となるのだ。

 

理解積み上げ型の科目とそうでない科目とでは、勉強のやり方が異なるのだ。

 

 ■理解積み上げ型の科目とそうでない科目とでは、勉強のやり方が異なる

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦

勉強の科目には、大きく分けて二つの種類がある

2016年9月9日 金曜日

科目には、大きく分けて二つの種類がある

 

勉強の科目には、大きく分けて二つの種類があると私は思っている。

 

一つのグループは、日本史・世界史・生物といった科目である。

地理や英語の英単語、古文単語のような勉強もこれに近いかもしれない。

 

キミたちに次のような質問をしてみよう。

 

日本史(あるいは中学校の時の歴史)を学んだキミにとって、「奈良時代と平安時代のどちらが難しかったですか」と。

キミたちは、なぜそんな質問をされるのかと首を傾げながら、例えば「平安時代」と答えるだろう。

次に私は、「平安時代と鎌倉時代どちらが難しかったか」と聞いてみる。

「鎌倉時代」とキミたちは答える。

私は続けて「鎌倉時代と江戸時代とでは」と。

「江戸時代」。

更に続けて、「江戸時代と奈良時代では」と。

「奈良時代には、律令制度があり、班田収授の法」があったね、などと言おうものなら、質問された諸君は、「奈良時代」と答える。

 

じゃあ結局何時代が一番難しいのか?

 

何が言いたいかというと、日本史・世界史・生物といった科目は、教科書の最初の方と、最後の方とで、難易度がほとんど変化しない科目なのである。

最初の方と同じ様な調子で、教科書の最後の方まで同じように勉強し、理解することができる科目なのだ。

つまり、日本史や世界史といった科目は、例えば予備校や学校の先生の授業でも、参考書選びであっても、良い方法を早い段階に見つけることができたら、勉強が進む途中で内容が難しくなることはないのだから、淡々とその方法、つまり最も効果が上がる勉強を繰り返していくことで成績アップを図ることができるのだ。

 

フリーステップを運営する開成教育グループは、代ゼミサテライン予備校も運営している。

そして、それを併設している教室もいくつもある。

これらの教室で日本史や世界史や生物と言った科目を体験してみよう。

授業を体験して、「これなら分かる」「分かりやすい」と思えたら、きっと最後までキミはその科目を同じペースで理解して、学力を伸ばし続けることができるだろう。

 

■日本史や生物は効果的な勉強法を見つけたらそれを推し進めろ
フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦

国語の苦手は無痛で自覚症状が出にくい

2016年9月5日 月曜日

国語の特徴は「無痛」であること

 

異常に対して、国語は痛みを感じない。

「無痛の病気」と考えてもよい。

 

だから、自分が「国語ができない」という病気にかかっていることすら気がつかない。

だから、対策をしない、勉強を後回しにする。

 

私は、いつも国語が不得意と言っている生徒に同じアドバイスをする。

 

「国語の勉強も軽視せず、毎日少しずつでも時間を取ってしっかりやりなさい」というアドバイスだ。

 

一週間も二週間も英語や数学の勉強をしないという生徒は、まずいない。

 

しかし、現代文の勉強となるとそういう生徒が、かなりいる。

 

現代文が苦手だという、ある生徒に勉強法のアドバイスをした。

それから二週間も三週間もたってから、「あれからどんな勉強したか」と聞くと、まだ現代文の問題をそのアドバイス後、一問も解いていないと答えた。

彼は、特に不真面目な生徒というわけではない。

ついつい、後回しにしてしまう科目が、国語、そして現代文なのである。

 

塾生が受講するのは、圧倒的に数学と英語が多い。

この2つは、成績の差がついていることが、意識させられやすい科目なのだ。

ならば、数学が一番難しいのかというと、センター試験の科目別平均点は、いずれも同じ60%前後である。

数学の問題が特に難しく、国語が簡単というわけでは全くない。

どの科目も、センター試験の受験生の平均点はほぼ同じだ。

症状は違うが結果としての点数は、同じになる。

 

何が違うかというとその科目の準備のためにかかる時間が違うのである。

そして数学や英語は、基礎からしっかりと積み上げていかなければ、できない科目だというところが、他の科目と違うのである。

けっして問題が易しいか難しいかの違いではない。

 

キミは、国語の勉強を軽視していないか?

そんな国語への取り組みで、本番で合格点を取ることができるのか?

 

■国語の苦手は無痛で自覚症状が出にくい

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦

なぜその勉強法(ノウハウ)が良いのか、理解して実行すべし

2016年8月26日 金曜日

世の中に出ると、キミたちはきっと、
社会で働いている人たちは大きく2つのグループに分かれていることにすぐに気がつくだろう。

言われたことを言われたままに、頭を使わずに仕事をしようとする人たちと、
言われたことの理由を理解して、頭を使って仕事をする人たちだ。

頭を使わない人たちの言い訳は「聞いていません」「教えてもらっていません」の2つだ。
つまり「ノウハウ」を聞かされていない、「方法」や「手段」を教えてもらっていない、
ということをいつも言う。

しかし、社会に出ると、日々のあらゆる仕事はすべて「聞かされていないこと」、
つまり応用問題の形で現れてくる。

それらに対応するためには、日々、自分の頭で考えることを求められる。

しかし、自分の頭での「勝手」で「自己流」の判断や対応はダメである。
勝手な判断や解釈は、大きな失敗に至ることがほとんどだ。

自分の頭で、未知の応用問題に出会ったときの判断の指針は、常に「ノウホワイ」にある。
やり方と言った「ノウハウ」を支える、根拠・理由である「ノウホワイ」をベースに仕事をするように心がければ、大きく道を外すことはないものだ。

勉強法だって同じことだ。なぜ、そうすると効率が上がるのか。
なぜ、点数アップにつながると提唱者が言うのか、
それを理解しながら取り入れるようにして欲しい。

およそ勉強法には、やっていることが同じに見えても、その効果が大きく変わる性質がある。

常に、今、自分がやっている勉強、勉強法が、
自分の学力向上にどのような効果があるのかを意識して机に向かって欲しい。

■なぜその勉強法が良いのか、理解して実行すべし

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦

ノウハウは、そのノウホワイを理解してから

2016年8月22日 月曜日

今回から、しばらくの間、科目別の勉強法について書いていこう。

ここで紹介するのは、私という個人が、昔、受験時代に行った勉強法を単に伝えようというものではない。

多くの高校生・受験生を指導していく中で、気がついたこと感じたこと、共通に抱えている課題解決を踏まえ、実際に生徒たちが取り入れ実績を挙げてきた勉強法だ。

だから、ちまたに溢れる、「その人限り」の勉強法ではなく、広く応用が利く勉強法をキミたちに紹介することができると思う。

この連載の中で、良いと思えた方法は、どしどし取り入れていって欲しい。

 

ただ、ここで断っておきたいことは、これから紹介していく勉強の「ノウハウ」は、あくまで「手段」に過ぎないと言うことだ。

「ノウハウ」、すなわちknow-howは、読んで字のごとく「どのようにするかを知る」という「やり方・手段」に過ぎない。

「ノウハウ」を支え、より有効ならしめるのは、なぜそうするのかを知る「ノウホワイ know-why」なのだ。

 

どうしてそういう手段で勉強するのが良いのか。

それは、それぞれ訳(わけ・理由)がある。

 

高校生ぐらい、いや大学受験生ぐらいになれば、どうしてそういう勉強法が良いのか、なぜ、この記事を書いている筆者が、その手段を薦めるのかについて「わけ・理由」を知ろうとして欲しい。

もちろんその「わけ」もその都度連載の中で書いていくが、私の薦める勉強法を取り入れようとするときには、その部分をしっかりと意識して欲しい。

 

先生などから教えられた勉強法を訳も分からず、「言われたからそのままやる」という姿勢は良くない。

先生からの指示に対して批判的であれと言っているのではない。

その「理由」を常に意識して日々の勉強に生かすべきだということを言いたいのだ。

■ノウハウを活用するには、その裏にあるノウホワイを理解してから

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦

フリーステップの講師から大切な2割をまず教えてもらえ

2016年8月5日 金曜日

「薄めの問題集を使って勉強をしろ」、という受験アドバイスがある。

それは「早く一冊仕上げる」という精神的な安定を求めていることもあるが、薄い参考書を勉強することでも、重要項目は一通り網羅されているので理解が一気に高まるということもある。

分厚い参考書や問題集になると、重要なものも例外も、なんでもかんでも載せようとしてしまう。

ところが、薄いものだと大切なことだけしか書けなくなる。その意味で薄い問題集が役に立つのだ。「重要項目○○」というような参考書を用いるのも良いかもしれない。

 

もちろん、入試によく出題されるのは、「原則」の「例外」にあたる、むしろ「8割」の部分かもしれない。しかし、重要な「2割」を押さえることで、全体の理解のスピードは加速的に早まる。

枝葉の知識を増やすのはそれができてからで十分だ。

 

それが済んではじめて、私が前に強調した、「すべてを網羅した学習をしろ」というアドバイスが生きてくるし、実行することができるのだ。

 

■まず重要な2割の理解を心がけよう

 160805_img

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦

重要な2割の理解をまず優先して学べ

2016年7月29日 金曜日

重要な2割の理解をまず優先して学べ

 

例えば、英文法を学習する場合だ。

分厚い英文法の参考書を見ると、さまざまな英文法上の原則や例外、いろいろな表現が書かれている。

ところが、実際に英文を読む際に、それらの英文法の知識で、いつも本当に必要なものは全体の2割程度である。

 

例えば、私の手元に、とある英語構文の参考書(問題集)がある。

前半の3分の1くらいのところで、

A is to B what C is to D(いわゆるクジラ構文)の解釈問題と説明がある。

そして、その20ページほど「後ろ」に、

not only A but (also) B の解釈問題と説明がある。

そして、そのさらに100ページほど「後ろ」に、

have + O + 原形不定詞・分詞 の解釈問題と説明がある。

 

少しでも、実際の生きた英文を読んだ人なら、この順番で「英語構文」を学ぶのはでたらめだと思うだろう。

 

実際には、「not only A but (also) B」は、「クジラ構文」の100倍は実際の英文で出てくる。

理屈の重要さから言ったら、「have + O + 原形不定詞・分詞」の構文は、さらにより大切だ。

つまり、参考書に書かれたすべての項目が、「等しく」大切というわけではない。

重要性に差があるのだ。

 

私は、まず重要な2割の理解を優先しろと言いたい。

科目の骨格にあたる、重要な知識を先に優先して習得することが大切なのだ。

 

■骨格にあたる、重要な知識を先に優先して習得することが大切だ

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦

「2:8の法則」に従うのが学力向上の早道

2016年7月18日 月曜日

「2:8の法則」とは何か

 

私がこの連載でキミたちに伝えようとしている勉強方法の中でも一番強調しておきたいのは、

「全体をつかんでから細部を学ぶ」「重要なポイントから先に学習する」ということだ。

 

「パレートの法則」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

 

この法則は、別名「2:8の法則」とも言われている。

 

いわば経験則なのだが、この法則は、世の中のいろいろなところで合致する大変有名な法則だ。

 

例えば、「ある商店の、商品売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している」などがある。

 

キミたちも経験あるだろうが、ゲームソフトや音楽CDなどの店には、多数の商品がある。

だが、その中で実際によく売れているのは、商品のうちの2割で、その売り上げで全体の8割になる。

 

これは、経済の分野などでよく使われる法則だ。

キミたちの学校でも、「自分のクラスの全遅刻数の8割は、全体の2割の生徒によって作られている」と言えば、なるほどという感想を持つのではないだろうか。

 

実は、これはある科目を学習し始めるときにも、かなりあてはまる法則なのだ。

 

■「2:8の法則」に従うのが学力向上の早道

フリーステップ香里園駅前教室チーフ  松本克彦