大学受験を目指す高校生への数学勉強法アドバイス

2017年2月24日 金曜日

大学受験を目指す高校生への数学勉強法アドバイス

 

これから数学を新しく学ぶのではなく、高校2年生や高校3年生になって、数学の既習分野が、十分に増えてきた状態での、数学の効果的な受講方法をアドバイスしよう。

最強の復習学習法である。

 

まず、高2ならば、数学ⅠA の学校で使った問題集を高3ならば数学ⅡBまでの問題集を全部見直す。

 

いちいち問題を解く必要はない。

 

ぱっと見て、まずこれならできそうだと思える問題には、前回、説明したようにAの印を、

「できると思う」程度の問題にはB、

「できない、分からないと思う」問題にはCをつけていく。

 

例え一日かかったとしてもかまわないから、自分が学校などで使った問題集のすべての問題番号の横に、ABCのいずれかの記号を付けていくのだ。

 

分類をどれにすれば良いか分からない、という問題が、もしかするとほとんどかもしれない。

その場合には、ひとまずCの記号を付けよう。

圧倒的にBやCの数が多い表ができるだろう。

 

そして、一通りその作業が終わったら、その問題集(参考書)の目次の部分をコピーして、図2のような表を作る。

各項目ごとにAの数、Bの数、Cの数を数えて、表に書き込んでいくのだ。

そして、その単元(章)ごとのABCのそれぞれの合計数を集計して、表の下に書き込む。

 

 

 

書き込む道具には、最近よく使われるようになった、消すことができる「フリクションボールペン」が最適だ。

そして、できあがった表をコピーして残す。

これがキミにとってのスタート地点だ。

このコピーは、きっとあとで自分がどの程度まで勉強が進んだかを、満足した気分で見直す際の、キミを勇気づけるネタになる。

 

まず、この表を作ることによって、キミの弱点地点が一目瞭然になった。

 

Aが少ないところ、Cが集中しているところ、そこがキミの弱点だし、そこの箇所の攻略が、これからのキミの勉強の一番の課題になる。

何よりも、自分がそれを目に見える形で確認できるようにしたことに大きな意味がある。

 

それをいつも自分で確認し、またフリーステップの講師の先生にも見ていただいて、自分の弱点攻略の作戦図にするのである。

 

Cに分類していた問題が、5つ減ってAになったら、フリクションボールペンでCの数字を5つ減らし、Aの数字に5つ加える。

最終的な目標は、すべての問題をAにすること。

 

使用する問題集は、学校で使用した「4STEP」でも良いし、「黄色(オレンジ)チャート」でも何でも良い。

ただし、自習用に詳しい解答が付いていることが条件になる。

解答が簡単なものは、この復習法には不向きだ。

 

この方法は、弱点箇所を潰しきり、苦手分野をなくすことを目的とする勉強法なので、使う問題集にいわゆる「難問集」を選んではいけない。

 

この方法での学習をやりきれば、センター試験ならば、絶対に9割は取れるようになる。

これは保証できる。

 

実際に、模試などの成績がぐんぐん上がり、自分の学力向上の実感を得るだろう。

この勉強法は、物理や化学、生物と言った理科系の科目にも応用が利く。

ぜひ、広く薦めたい勉強法だ。

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

テキストはきれいに使うな。自分の理解の痕跡を残せ

2017年2月17日 金曜日

テキストに自分の理解の程度が分かるように「印」をつけろ

 

私は、本社勤務から教室の現場に移り、現在教室チーフとして日々多くの生徒たちに直接勉強法などの指導を行っている。

 

そこで、数学を受講しようとしている高校生や受験生に次のような学習指導を口うるさく言っており、また、講師の皆さんにもそれに従うようにお願いしている。

 

具体的には、生徒のテキスト上に本人の出来具合についての「痕跡」を必ず残すように指導し、講師たちに依頼している。

 

「テキストはきれいに使うな」だ。

 

■テキストはきれいに使うな。自分の理解の痕跡を残せ。

 

痕跡を残すのはもちろん生徒本人である。

 

痕跡とは、そのテキストの各問題ごとの成果と日付である。

 

問題番号のところに、生徒が「完全にできる問題」にはA

「できると思う」程度の問題にはB

「できない、分からない」問題にはC

の印を生徒本人に必ず付けさせている。

 

これが、指導する側にとっても、指導する問題の目印にもなる。

 

そして何より、本人にとってもできる問題とできない問題の区別が明確になり、学習効果が上がるきっかけになる。

 

CがBになった、BになったがAになった、という自信が持てたら文字の上に×をつけ新しい記号を付ける。

 

テキストを「汚す」ことをためらう生徒は多い。

しかし、テキストは、ほとんどの場合1~2年もすれば、不要になるものだ。

使い切って、使い切って、ボロボロにするくらい書き込みをして使うべきだ。

 

ノートに解答を書き、それを「自分で」「答えを見て」採点して、その結果をテキストに書き込む。

簡単な計算ミスなどで、その場ですぐに解決できた問題なら、問題番号に○を付ける。

できなかった問題には×だ。計算問題なら小問が全部できたら、その大問の番号にAと記号を付けよう。

 

あと、日付を書き込むことも大切だ。自分がどのくらいのペースで勉強ができているかを知る目安になる。

 

この記号付けは、キミの指導を担当している講師の先生はもちろん、君自身にとってもできるところとできないところの見分ける印になる。

ぜひ、今日からでも実践して欲しい。

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

人に教えることは、非常に効果的な学習法だ

2017年2月10日 金曜日

人に教えることは、非常に効果的な学習法だ

 

試験に合格点をとることだけが目的なら、その問題の6割も分かればよい。

難しい部分は切り捨てることも「あり」かもしれない。

 

しかし、人に説明するとなると、そんな適当なことでは通用しない。

100パーセント、あるいは、それに近い知識と理解を持っていないと、教える立場は務まらない。

生徒からどんな質問が飛びだしてくるかわからないからだ。

 

だから、人に教える立場になると、どんなのんびりした人間でも自分が試験を受ける時以上に必死なって勉強する。

そのために知識がより確実になり、理解も深いものになっていく。

 

キミたちは、英語の単語を勉強するときに、ただ単に単語を見るだけではなく、実際に鉛筆と手を使って書き、目で見、その発音を口に出して耳で聞いて、人間の五感すべてを使うとよいと、そんなアドバイスを耳にしたこともあるだろう。

 

人に教えるというのは、この作業すべてを行うことなのだ。

自分が得た知識を生徒に話すという作業で、口を使い耳で聞き、そして黒板に板書をするだから手も使う。

このように五感すべてを使って教えるので、講師自身にもしっかりと教えた内容が身に着くのである。

 

「塾の講師をするようになって、自分の受験のときよりも教えている科目がよくわかってきた」

そういうような感想は、塾の中では普通に耳にする。

教えることの効用は、そういう理屈になっているからだ。

 

ここまで読んだキミたちの中には、「オレには誰も質問しに来ないよ」と嘆く人もいるかもしれない。

確かに、数学で一目置かれていない人には、誰も質問には来てくれない。

 

だからこそ、先に書いたように、人よりもその内容について早く知り、深く知るためにも、「先行学習」が効果的なのだ。自分が周りの友達よりも、その科目についてよくできるというようになっていることが必要だ。

または、周りからそのように思ってもらうようになることも必要だ。

 

つまり、みんなから一目置かれるような存在なり、そしてみんなにその科目を教えるという立場になれば、どんどんとその科目が優秀になっていく可能性が高いということなのだ。

 

■人に教えることは、非常に効果的な学習法だ

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

難しい問題に出会ったら答を見てしまおう

2017年2月3日 金曜日

難しい問題に出会ったら答を見てしまおう

 

難しい問題は、しばらく考えて分からないようであれば解説を見てしまおう。

そして、解説をしっかり覚えたら、今度は解説を見ないで、自分でその解答を完全に再現するようにするのだ。

答えや解説を見ることを「いけないこと」のように、誤解している人がいる。

 

答えを見ないで数学の問題を解くべき時期は、もちろんある。

 

しかし、「問いがあり、答えがあり、その二つをどのようにつないでいくのか」、それを学ぶことは、特にある学習テーマを学び始めた時期には、非常に重要な勉強だ。

そこを飛ばしてしまっては、自分で解法を考えるという、より高度なレベルの学習に進むことは難しい。

 

解答を再現するよい方法がある。

一人二役になって、一人の自分が、まだわかってないもう一人の自分に対して説明を加えるようなつもりで解答を書くのだ。

「なぜ、そこで補助線を引くのか」とか、「なぜ、ここでこの公式を使うのか」など、それを他人に教えてやるつもりで、ぶつぶつと口の中で説明しながら解くのだ。

 

これを仲の良いクラスメート相手にやるとより効果的だ。

ただ、なかなか、そういう理想的な相手はいないものだが。

 

キミたちの学校でも、授業中の先生の説明がよくわからないとき、授業後に数学の得意な友達に質問することがあるだろう。

その良くできる生徒だって、その問題を初めて見たときには、やはり分からなかったかもしれない。

しかし、先生の説明を聞いて納得し、それを質問に来た友達に、自分が理解した通りに再現して解説してくれているのだ。

その理屈は、ここで述べた、「解答を見て納得したら次はそれを見ないで再現する」という学習方法の理屈そのものなのだ。

 

塾や学校で講師や先生をしている人は、実は、ほとんどすべてこのパターンで、授業の予習をしている。

初見で、自分ができない問題であっても、授業で生徒に説明しなければならないことは、実は多々ある。そのとき、その講師は、解答を見て、どのようにして生徒にこの問題の説明をするかを考えるのだ。

その過程で、講師は、その問題に対する理解を非常に深めるのだ。

 

■人に教えることは、非常に効果的な学習法だ

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦