学習定着の鉄則

2017年3月24日 金曜日

学習定着の鉄則

 

随分と以前のことだが、ある小学生のお母さまから次のようなお叱りを受けたことがある。

 

塾から出された子どもへの算数の宿題を見るのだが、それが全然できていない。

授業でやった問題のはずなのに子どもが、解き方がわからないという。

この間、授業でやったばかりの問題なのに、どうしてできないのか。

だいたい、そういう内容のお叱りであった。

 

私は、その生徒の授業のことをよく覚えていた。

前回も前々回も、その生徒は授業中にその算数の問題を確かに理解していたし、また解けていた。

担当講師に聞いても、授業中にちゃんと理解できているし、問題も解けていると言う。

しかし、宿題となると全くできていないというのも事実のようだった。

講師も、なぜ授業中にできていた問題が、宿題となるとさっぱりできなくなるのか疑問に思っていたというのである。

 

さて、このコラムの読者の皆さんが、探偵コナンかホームズか、明智小五郎(ちょっと古いか)であったなら、この謎が解けるだろうか。

なお、この出来事に出てくる登場人物は、すべて嘘は言っていない。

 

講師の証言 「その生徒は確かに授業中、自分が説明したことをよく理解し問題も解けている。しかし1週間後の授業では、先週に教えたことがなぜかできなくなっていて、しかも、出した宿題も全然できていない。不思議に思っている。」

生徒の証言 「宿題ができない。問題も全然解けない。塾で何を勉強しているのとお母さんに怒られる。」

母親の証言 「個別指導塾に通わせているのに、宿題に出された問題が分からないと子どもは言う。答え合わせをしてみると全然問題が解けていない。いったい授業では、どんな指導をしているのか。」

 

この謎を皆さんも考えてみてほしい。

 

なぜこのようなことになるのだろうか。

 

 

謎の種明かしを書いてみる。

 

実はこの謎は、単純な理由によるものだった。

 

この生徒は、確かに宿題をしていた。

しかし、いつ、その宿題をしていたかが問題だったのだ。

 

この生徒は、宿題を、それを出された授業の1週間後、次の週に授業に行く直前に宿題をしていたのだった。

 

授業を受けてから、次の授業の当日まで、彼は宿題もせず、授業の復習もせず、次の授業日の塾に出かける直前にあわてて宿題をしていたのだった。

母親は、宿題をしている子どもの様子を見て、しかも全然問題が解けていない様子を見て、塾にどんな指導をしているのかと文句を言ってきたのである。

 

あまりに単純な謎だったのだが、けっこうこの「謎」を、理由が分からない程の「深い謎」にしてしまう人は多い。

 

例えば、このコラムを読んでいるキミ。

キミが苦手にしている科目、キミのやっている勉強自体、この小学生と同じことをしてはいないか?

 

勉強は、復習が大切である。

そして、その復習は、なるべく早く、習ったらすぐにしなければならない。

自分が習ったことを忘れないうちに、家に帰ったらすぐに、その定着をしなければならない。

 

この理屈は大人でも同じだ。

 

例えば、あるパソコンソフトの使い方を習った。ある手の込んだ料理の作り方を習った。新しくスペイン語を習った。

 

習ってから1週間も何もしなければ、習ったことを忘れてしまい、それができなくなるのは当たり前だ。

 

塾や学校で学んだことは、なるべく早く復習をしよう。

宿題もすぐにやってしまおう。

それが、学んだことをしっかりと定着させる方法なのだ。

 

この鉄則は、小学生に限らない。

すべての学年、いや新しいことを学ぶ全ての人に、これは共通の鉄則なのだ。

 

■習ってすぐの復習は、学習定着の鉄則だ!

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

高校の学習内容をなめてはいけない

2017年3月10日 金曜日

高校での勉強というものを「なめては」いけない

 

高校受験の勉強が終わり、合格発表もあった。

 

それは、合格したキミたちにとって大変うれしいことだろう。

苦しかった受験勉強が終わったのだから、しばらく一服したくなる気持ちもよくわかる。

この春休みの間に、それまで我慢していたいくつかの遊びをするのも大いに結構だ。

 

ただ、そこで忘れてはいけないのは高校に入ってから始まる勉強の量と質のことである。

 

今度、高校に入学する諸君は、ぜひとも早いうちに高校1年生で学ぶ、数学や英語の参考書を塾や先輩から見せてもらうことを勧める。

そして、それらの科目の参考書や問題集のどの辺までが、いつごろまでに勉強することになるのか、その量と質を教えてもらうことがよいだろう。

 

高校で学ぶ内容を見ると、きっとそれはキミたちの想像を超えて、ずいぶんと難しく見えるのではないかと思う。

 

実際に「大変」難しくなる。

 

高校での勉強は、中学校のそれと比べて格段に難しくなる。

 

入った高校の雰囲気にもよるのだが、最初から授業を厳しく行われる高校もあれば、入学直後の緊張感をほぐすためか、ゆるめの雰囲気で授業がスタートする高校もある。

 

ゆるめの学校では、授業は思ったほどキビしくない。

入学直後のテストでも思ったほど悪い成績でもない。

そこで、すこし高校の学習内容をなめた気持ちになる。

何とかやっていけそうに思う。

クラブの勧誘も始まった。

楽しそうなクラブの見学にも行った。

友だちもできた。

 

そのときに入学前に決意していた緊張感が取れてしまう。

そんな人が多いのだ。

 

そこに落とし穴があらわれる。

 

小学校のころ、勉強ができた。

それで安心して中学に入り、勉強を軽視したらどうなるだろう。

 

「僕は小学校の時には、算数が得意だった」

 

そのセリフを中学校で数学が苦手になった者が口にしたら、周りから小馬鹿にされるのがオチだ。小学校の算数の力が、そのまま中学数学に通用するはずがない。

 

ところが、高校に入ってくる生徒の中には、そういう気分の人たちが多いのだ。

 

確かに高校には、それぞれレベルの差がある。

生徒のレベルや授業のレベルの差はあるだろう。

 

しかし、学ぶ科目の内容の差はない。

 

自分が入った高校ごとに、その科目自体の内容が変わるわけではないのである。

 

なめずに最初からしっかりと学ばなければ、高校の勉強はなかなかに手強いのである。

 

■高校の学力差や格差はあるが、高校で学ぶ学習内容自体には「差」はなく、なかなか手強いことを知れ

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

「良き受験生」と言うこと

2017年3月3日 金曜日

「良き受験生」と言うこと

 

日本語に「良き」という言葉がある。

いろいろな言葉にその「良き」あるいは「良い」を使うとことができる。

例えば、「良き父親」「良き母親」あるいは「良い医者」「良い教師」などである。

 

これに対して、「悪しき」「悪い」という言葉もある。

「悪い親」「悪い母親」「悪い医者」「悪い教師」などである。

 

さて、ここに一人の役者がいるとしよう。

その役者に、ある舞台で、「良い医者」の役、あるいは「良い教師」の役を演じて欲しいと依頼したとしよう。

きっと、その役者は、たったそれだけの条件であっても、なにがしかのイメージをもってそれらしく演技をすることができるだろう。

 

同様に「悪い父親」の役、「悪い政治家」の役をやってくれと依頼すれば、おそらく彼は、それなりに上手にその役を演じることができると思う。

 

つまり、「良い」という言葉が意味すること、あるいは「悪い」という言葉が意味するものは、それを聞く人たちにとってずいぶんと共通のイメージなのである。

 

さて、前置きが長くなった。

 

話題を君たち高校生に置き換えてみよう。

 

保護者からの、自分の息子、あるいは娘が、まだ受験生としての気構えができていない、とか、受験生としての振るまいができていないという、悩みを聞くことがある。

 

多くの場合、保護者が持っている、「良い受験生」というイメージに、自分の子どもがマッチしていない、合わないということからそういう訴えがあるのだ。

 

今、高校2年生の諸君は、来春の受験を控えているから、時期的には受験生のはずだ。

 

しかし、時期的に受験生であると言うことと、中身まで受験生になっているかどうかは別問題だ。

 

自分が受験生なっているかどうかは、客観的に誰でも分かるものである。

 

「良き受験生」として、世間のイメージ通りのふるまいをしているかどうかということだ。

 

大人の役者にではなく、子役の役者に「良き受験生役」を頼んだとしても、その子はおそらく、夜遅くまで勉強をするとか、いつも単語集を持ち歩くとか、あるいはテレビやゲームというものを遠ざけようとするというような、演技をするのではないだろうか。

 

「悪い受験生」を演じてくれと言えば、子役のその子でも、いつまでもダラダラとテレビを見たり、夜遅くまでテレビゲームをしていたり、申し訳程度の勉強する、そのような受験制約を演じるのではないだろうか。

 

自分が良い受験生になっているかどうかは、どうしても自分が当事者であるために、自分を客観的に見ることが難しいかもしれない。

 

でも、自分の日々の過ごし方を第三者が見たときに、それがどう見えそうか、それを想像することは、そんなに難しいことでない。

 

受験までのしばらく期間、ぜひ「良い受験生」を演じて欲しい。

それが、志望校合格への第一歩だ。

 

まずは、「形から入れ」ということなのだ。

 

■受験を成功させるためには「良い受験生」でなければならない。良い受験生になるためには、まず、その「形」から入るべし。

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦