恥ずかしがらずに、フリーステップの講師に自分の苦手箇所を伝えよう

2017年4月28日 金曜日

講師に自分の苦手箇所を知ってもらおう

 

数学の勉強で、ノートを広々と使い字を大きく書く。

それだけでも計算間違いは大きく減るし、数学の得点力は大きくアップする。

 

なのに、どうしてもノートの文字を小さく書く生徒が多い。

 

また、宿題での自己採点、ノートへの丸つけをするように言っても○はともかく、×をつけることを嫌がる生徒がいる。

 

間違った問題や正解した問題を問題集の上に×印や○印を付けて、自分の勉強した痕跡を問題集の上に残すように言っても、×の印を付けることを避けてそのテキストをきれいなままで残しておこうとする生徒も多い。

 

それは、間違いを他人から、先生や親から、見られることに対する恐れであるような気がする。

 

間違った部分を消さずに赤ペンで訂正して残し、それを踏まえて次は間違えないようにする。

また、復習は間違った問題を中心に行う。

それは勉強の方の基本であるという風に思うのだが、そうしない生徒が多い。

 

自信がない子だから、それをするというわけではない。

 

どうやら、それを見る人から、自分にマイナスの評価を付けられることを恐れているように感じるのだ。

 

学校の先生なら、確かに教える立場と評価する立場の二面性がある。

できない生徒だと思われたくない気持ちはよく分かる。

 

しかし、われわれ塾の講師というものは、生徒を「評価する」のが仕事ではなく、生徒の弱点を「一緒に克服する」のが仕事なのだ。

 

ぜひ、自分の分からない箇所や苦手な箇所を、講師に見せる、知られることを恐れないで欲しい。

 

フリーステップの講師は、一種の医者のようなものだ。

どの部分が分からないのかは、体のどこが痛いのかと言うことと同じである。

痛い箇所、辛い箇所を教えてもらわなければ、その箇所への効果的な治療はできない。

 

恥ずかしがらずに、フリーステップの講師に自分の苦手なところを「さらして」いこう。

どこが苦手なのか、どこから理解が不十分なのかを恥ずかしがらずに、講師に伝えよう。

 

それが、個別指導を最大限に活用する第一歩なのだ。

 

講師と一緒に君の課題を片付けていこう。

講師は、キミの味方なのだから。

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

フリーステップの講師たちに高1スタート時の勉強の大切さを聞くと

2017年4月18日 火曜日

フリーステップの講師たちに高1スタート時の勉強の大切さを聞くと

 

個別指導の講師たちはほとんどが大学生だ。

さすがに子ども達に勉強を教えようというような学生たちなので、基本的には皆、学力は高く、そして良い大学に通っていることが多い。

 

彼らに、この間、ある質問をしてみた。

「高校に入学した生徒が、受験勉強を頑張った後なので、しばらく勉強は休んで、まずはクラブなどの高校生活を楽しんでみよう、あるいは塾を休んでみようと言う。そういうような選択肢はあるのだろうか」という質問だ。

 

彼らは皆、口をそろえて、「そういう選択肢はあり得ない」という。

 

彼らは、「勉強をゆっくりしたいというのは分かるが、高校では中学とは比べものにならないくらい、今まで以上に難しい勉強が始まる。さらに英語や数学といった科目は、高校1年生の最初に習うところが大変重要で、そこでの出来不出来が後々大きな影響を与えてしまう」と言う。

 

その意見は、大学受験で一定の成功を収めた大学生とっては、一種の常識なのだろう。

 

昔。ある偉い経営者が、「20歳(はたち)の時に40歳の知恵が備わっていたら天下が取れる」というような言い方をしているのを聞いたことがある。

 

「天下を取る」というのは一つの例えだろうが、要するに、その高名な経営者は、若いうちに先を見通した知恵が、大人の経験を踏まえた知恵があれば、将来のためにその時期を有意義に過ごせるのだというようなことが言いたかったのだろう。

 

高校に入ったばかりの15歳に、20歳のお兄さんやお姉さんたちの知恵を同じように持てというのは難しいかも知れないが、20歳の講師たちの意見と実感を、全く想像できないことでもないだろう。

高校1年生の15歳の時の、高校スタート時の勉強の重要性は、それを疎かにした者は、ほんの半年位先には、苦い時間を持ってしみじみと分かるものである。

 

最低でも高校1年生の夏までは、まずは全力で勉強することだ。

 

そして自分の属している学校の中で、勉強でそれなりの立ち位置を占めるべきなのだ。

 

いったん、高校1年生の時に、勉強ができる生徒であると、教師や友人から評価されれば、その地位を失うことはあまりない。できない生徒であると評価されてしまうと、そういう立ち位置でそれからの高校時代を過ごすことになる。

 

窓の外の散り始めた桜の花を見ながら、いつもこの時期にそういうことを思っている。

 

■高1スタート時の勉強は、高校の成績と大学受験の結果の全てを左右する

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

公募推薦まであとわずか7ヶ月しかないという意味

2017年4月7日 金曜日

公募推薦まであとわずか7ヶ月しかないという意味

 

早いものでもう四月です。

 

もう1年の4分の1が過ぎたことになります。

時が過ぎるのはすごく早いものですが、受験生、特に高校3年生の諸君たちは、そのことを実感しているでしょうか。

 

というのは、私は、毎年多くの受験生を見ていますが、意外に、この春の時期になっても受験まで時間が十分にはないということを意識しているように思えない生徒がずいぶん多いからなのです。

 

しかし、受験までの時間は本当に短いのです。

 

先日、面談で、ある生徒に「高校3年生には3学期はないのだよ」と言いますと、「そういえばそうですね」と驚いたように反応していました。

 

高校3年生の1年には、1学期と2学期しかないのです。

 

高校生の受験は、11月にある「公募推薦」、1月にある「センター試験」、そして2月から始まる私立大学の「一般入試」と国立大学の二次試験。

多くの高校生は、これらの試験を意識しながら、この受験期を過ごします。

そして、受かった順に試験を「卒業」していきます。

 

最初の試験は、11月の「公募推薦」。

「公募推薦」までは、もうあとわずかの時間しかありません。

 

11月までは、この4月がまるまるあるとして、5月、6月、7月、8月、9月、10月。

残りの時間は、11月の途中で試験なのだから 7ヵ月半ぐらいとなります。

 

さて、その7カ月ですが、お正月から今までですでに3ヶ月が済んでしまいました。

それのようやく2.5倍が、皆さんに残っている時間なのです。

 

この残り時間のなさは、特に公立高校生に強調しておきたいと思います。

 

公立高校生たちの高校受験は3月でした。

3月に受験し、3月の17日ごろに合格発表がありました。

 

そういう公立高校の生徒たちは、自然に身に付いた体内時計というものがあるようです。

これがなかなかの曲者なのです。

 

3月に高校受験をしたものだから、大学受験もつい3月ごろにあるような勝手なイメージを「体内」に持ってしまうのです。

 

ところが、大学受験はそうではありません。

 

公募推薦を受ける多くの受験生たちにとって、4月からの残りはわずか7ヶ月半なのです。

 

7ヶ月とはどのくらいの時間でしょうか。

 

公立高校生たちが受験をした3月を基準に、「逆算」して考えると、2月でひと月、1月でふた月、12月、11月、 10月、9月、 8月で7ヶ月となります。

そこからもう半月戻ると、7月の半ばぐらい。それが丁度、今の時期なのです。

7月半ばと言えば、当然夏期講習も始まっているし、あと2週間ほどで8月となります。

そんな時期、それが、高校受験のときに置き換えた今の4月という時期なのです。

 

「受験まで残り7ヶ月」ということは、そういうことなのです。

 

キミたちの中に、「さあそろそろ受験勉強を始めようか」とか、「もう少し勉強をどう始めるか様子を見てみよう」とか、そんなのんびりしたことを思っている人はいないでしょうか?

 

高校受験より、なお難しい大学受験に挑戦するというのに、実際そんな生徒がかなり存在するようです。

 

これを読んでいる大学受験を目指す新高校3年生や保護者の皆さんは、今の時期は、高校受験のタイムスケジュールに置き換えると、実はすでに7月の半ば、あと少しすれば8月にもなろうというような時期であるということをしっかりと認識して欲しいのです。

 

思っている以上に、大学受験日は早くやってきます。

 

少しでも早く本格的な受験勉強を始めましょう。後に後悔をしないためにも。

 

■一日でも早く、受験勉強を始めましょう。後で後悔せぬためにも。

 

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦