子どものやる気のなさを早々に嘆く保護者へ

2017年8月11日 金曜日

子どものやる気のなさを嘆く親は多い。

 

努力が足りない、忍耐が足りない、塾に通わせているのに思ように成績が伸びない。

子どもにやる気が見えないと、親は言う。

 

塾に通い始めてからひと月もたたないのに、成績が伸びないことを不満に思い、子どもに変化が見えない、やる気が見えないので塾をやめさせたいと言う親がいる。

また、○○高校の受験はもう無理だ、××中学はあきらめた、など、入塾して間がないのに早々に敗北宣言、あるいはあきらめ宣言をする親がいる。

 

そういえば、私の親がそうだった。

自分の中学時代、塾に通わせたが成績が上がらないと、ほんの2ヶ月ほどで塾を辞めさせられた。勉強が好きではなかった私には、親の早々のあきらめは渡りに船。言われるままにその塾を辞めた。

 

今、この塾という仕事をしていると、私の親と同じような反応をする親をたまに見かける。

 

そういう時、私はふと思うのである。

子どものやる気を嘆く前に、その親に本気で子どもを伸ばそうとする持続した「やる気」があるのかということだ。

 

勉強は、そんなに簡単に成果が出るものではない。

それなりに長い努力と忍耐が必要なのである。

 

それは成績を伸ばさなければならない子どもにとってのみ必要なものではなく、

実はそれを願う親にとっても必要なものなのである。

 

自分の子どものやる気を嘆く前に、そしてあまりに早い成果を望む前に、忍耐強く子どもの成績向上を粘り強く求めていくという、「親のやる気」というものを、親は自らに問い直してみる必要も時にはあるのではないだろうかと思っている。

 

■本気で子どもを伸ばそうとする持続した「やる気」がありますか?

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦

勉強をやり過ぎたと後悔した人などひとりもいない

2017年8月4日 金曜日

夏期講習の申込もようやく落ち着き、夏期講習の授業も本格的に始まった。

 

夏休みという大切な時期に学力を高めようと、この講習会に強い思いをいだく生徒や保護者は多い。

私のように、毎年、多くの生徒を見てきた人間にとってはもちろん、大学受験や高校受験で大切なこの時期を過ごしてきたばかりの個別指導の講師たちにとっても、夏期講習や夏の過ごし方というのが、いかに大切かということは、皆それぞれに理解している。

 

人は、一回しか人生を行うことができない。

自分の18歳、あるいは自分の15歳の体験は、一度しかできない。

 

あの時こうしておけばよかったなあとか、こうすればもっとよかったのにというような後悔は誰しもある。

しかし、二度と同じ経験をできないのが、これまた人生なのである。

 

多くの生徒たちの夏の過ごし方を見てきた我々の目から見て、夏休みを前にした生徒たちのやる気や計画について聞くと、もっとこうしておけばいいのにと意見を言いたくなることは多々ある。

 

どうすればより良いのかが、わからないのは本人だけである。

 

兼好法師は、徒然草の有名な段で、「何事にも先達はあらまほしきもの(何事にもその道の先生や指導者はいてほしいものである)」と書いている。教科書でよく取り上げられる一節である。

 

初めての経験をする者に対して、適切かつ有意義なアドバイスをするのも、また我々の仕事なのである。

 

合格した受験生で、勉強をやり過ぎたと後悔した人などひとりもいない。

勉強をもっとしておくべきだったと後悔するのが、ほとんどのである。

 

我々、指導者の任務は、後悔ないように、成果を出せるように思いっきり頑張らせることも含まれているのだ。

 

無から有を生むことはできない。

かけた努力以上の成果は生まれないのである。

 

ゆるい勉強計画で大切な夏を過ごそうとしている受験生を見ると、それで良いのかと、ふとこんな説教をしたくなってくる。

 

そんな夏の時期である。

 

■勉強をやり過ぎたと後悔した人などひとりもいない

フリーステップ香里園駅前教室チーフ 松本克彦