小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

小学5年生

受験を見据えた
しっかりとした学力養成

小5になると学習単元が増えて大変そう。
うちの子、やっていけるかしら。

ご心配ありません。授業中に教師が生徒に伝える「重要事項」さえしっかり押さえていれば、標準的なレベルの週テストには十分対応できます。むしろ、すべてをこなそうとして消化不良となるケースもあります。よって無理にすべてをこなそうとせず、4教科をバランスよく、また適量な良問を効率よく吸収していくことが、成績アップの早道です。この辺りを見据えた上で、開成ベガでは、各教科の重要単元の定着をはかることに重点を置いた特別ゼミを設けていますので、これを受講いただき、教科に対する不安感をなくして、自信をつけましょう。

指導内容

算数

前期は4年に引き続き入試問題を解く上での基本となる文章題の基本(速さ・割合/分数・差集めの考え方)を極めます。基本図形の求積・場合の数についても履修を完了させます。後期は比を本格的に導入し、文章題・図形とからめたその利用法を習得します。この学年で、算数科として入試に必要な概念はすべて履修したことになります。

重点項目受験算数の基礎徹底と中学入試頻出単元の習得

国語

前期では、ことわざ・慣用句、四字熟語といった語句知識をすべておさえ、後期では、助動詞やまぎらわしい品詞の識別などの文法知識を理解します。文章では、3,000字以内の文化論や日本人論といった硬質なものを読み、また80字程度での記述解答をコンスタントに練習。考えたこと・問われたことに対する解答を正確に「書く」技術も身につけます。文章の長さも内容も、より難度が高くなります。

重点項目語句知識の習得と、物語文・説明文・随筆文の読解練習

理科

中学受験では5年生で学習する内容が最も多く出題されます。「5年生の学習内容を制する者が受験を制する」とも言われます。理科で学習する内容は「生物」(植物・動物・人体など)、「化学」(溶解度・酸アルカリの水溶液・物の燃え方)、「物理」(てこ、ばね・豆電球)、「地学」(天体・地層・天気)と実に多岐にわたります。開成ベガでは、カラー写真や図版が多く使われた「予習シリーズ」をもとに授業を行います。

重点項目4分野をバランスよく学習

社会

地理範囲および歴史範囲の習得を目的とします。この学年だけで入試範囲の75%ほどを占めます。一方で、社会科はこの学年が実質上、初習です。社会科は暗記教科のイメージが強いのですが、地名や人名であっても全体の関係から覚えていくことが不可欠です。効果的な学習の仕方を身につけるため、地理であれば、地図や図表・グラフの見方、歴史であれば、時代の特徴をもとに、因果関係を徹底して理解させます。

重点項目地理と歴史は5年の間にすべて習得

算数サポートゼミ(オプション)

授業→宿題→内容理解のサイクルをより円滑にするために、1週間の重要単元の定着をはかることに重点を置いています。

ページの先頭へ

実施テスト

【準会員】
月例(組分け)テスト
全国統一小学生テスト

準会員生は基本的に月例テスト(4週分の単元内容を総合的に網羅した総合テスト)を受験いただきます。
全国統一小学生テストは6月と11月の年2回開催される四谷大塚主催の実力テストです。知識内容と思考内容がふんだんに出題されます。(開成ベガ5年生は必須参加となります。)

【正会員】
週テスト・組分けテスト
全国統一小学生テスト

正会員生は基本的に毎週の単元の定着度をはかる週テストを受験いただきます。また4週分の単元内容を総合的に網羅したテストとして組分けテストを受験いただきます。組分けテストは自身のコース・組のさらなる飛躍を目的としています。
全国統一小学生テストは6月と11月の年2回開催される四谷大塚主催の実力テストです。知識内容と思考内容がふんだんに出題されます。(開成ベガ5年生は必須参加となります。)

ページの先頭へ

合格までの歩み

H・Sくん(Y小学校卒/開成ベガ都島ベルファ前教室出身)の場合

小学5年1月

今まであまり中学受験を考えていなかったが、5年生の冬になって急に地元の中学には行きたくないという気持ちが強くなり、両親に中学受験をしたいと胸の内を伝え、塾探しを開始。開成ベガと出会う。

小学5年2月

★開成ベガ入塾

入塾テストは結果こそ平均的な成績だったが、熱心に取り組む姿勢が、そのテストからも見られた。はじめはAコースだった。

小学6年6月

★志望校の決定

組分けテストのたびにコースをB、Cと上げる。志望校も最初は中堅校くらいに行ければ…という考えだったが、この頃より上位校を考えるようになる。夏前の土曜日は夜の9時まで塾で勉強。

小学6年9月

★問題発生

最後の組分けテストでCコース上位を、あるいはSコースをも狙っていたが、得意の算数と理科で痛恨のミス。Bコースに落ちてしまう。

小学6年12月
モチベーションUP

両親や先生たちの励ましや熱意のおかげであきらめずに勉強を続け、Bコースだったが、合不合判定テストで理科が塾内1位を取るまでに。

ページの先頭へ