小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

小学6年生

より実戦的な
問題解決能力の育成

単元の内容は理解しているようなのですが、
テストの得点が向上しません。
何かよい方法はないですか?

週テストの受験(正会員)をお薦めします。入試の合格とは「合格点を取ること」です。決められた時間の中で問題と対峙し、処理能力を高めていかないと、せっかく身についた知識や教養・応用力が得点として表れてきません。週テストは、毎週の単元定着力の度合いを認識する場であり、それを続けていくと、時間内での処理能力が向上していきます。また「今週も単元がしっかり定着できていた」という自信にも繋がります。
また、理科・社会が心配で…という方には弱点補強に重点を置いた「理社ゼミ」を開講します。さらに、9月以降は、精選された実際の入試問題にどう対峙していくかのトレーニングとなる「入試実戦演習」も開講します。開成ベガでは、生徒の得点UPに効果的なゼミをご用意しています。

指導内容

算数

前期は前学年までに習得した基礎概念をもとにして入試問題に近い、より実戦的な内容の指導を実施します。より複雑な問題や、いろいろな単元の融合問題を積極的に扱います。夏休み以降は学力レベルに応じて全単元の復習をすすめ、入試における得点力の強化をはかります。

重点項目単元融合問題等発展的な問題の克服と処理能力の向上

国語

これまでに学んだ知識や「読み方」をもとに、より難度の高い文章問題に取り組んでいきます。国語解法のさまざまなコツを、演習を繰り返すことで確かなものとし、着実な定着を図っていきます。国際情勢から、人の精神、文化論といった内容を学ぶことで、精神的な成熟もうながし、入試国語の枠にとどまらない、知への深い探求心というものにも磨きをかけていきます。

重点項目正しく「読み」正確に「書く」力の向上と語彙力のさらなる飛躍

理科

6年生の前半までに全ての単元を終了します。秋からは入試に向けて開成ベガ「中学受験理科暗記プリント集」(理科博士)を用いて基本知識の総復習を行います。「理科暗記プリント集」は受験に必要な知識が網羅され、毎年多くの受験生に支持されているオリジナル教材です。入試の理科では近年、実験をもとにした出題が多く見られます。授業では「なぜそうなるのか」など「なぜ」を重視した授業を行っています。

重点項目基本知識の総復習と考察する力の養成

社会

まずは政治範囲の学習をしていくこととなります。独特の用語が並びますが、四谷大塚の週テスト、各期講習会でピンポイントに学習しますので、最終的には最大の得意分野になっている生徒も多くいます。また、今までに習得した範囲からの総合問題にも多くあたっていきます。当然、各校の入試問題も大いに盛り込みます。弱点を認識し、重要単元・ポイントの確認を何度も意識できるようにすすめます。

重点項目政治分野や時事問題の習得と、地歴総合問題の克服

国語サポートゼミ(オプション)

授業→宿題→内容理解のサイクルをより円滑にするために、1週間の重要単元の定着をはかることに重点を置いています。

理社ゼミ(オプション)

重要単元の理解と、6年段階における弱点の克服をテーマにしています。入試に不可欠克つ生徒が苦手とする単元を精選しています。6年前期開講。

入試実戦演習(オプション)

実際の入試問題を厳選し、質・量ともに充分な入試問題演習と解説授業を行います。時間内での処理能力を高め、入試問題の傾向と対策に重点を置いています。6年後期開講。

ページの先頭へ

実施テスト

【準会員】
月例(組分け)テスト
全国統一小学生テスト

準会員生は基本的に月例テスト(4週分の単元内容を総合的に網羅した総合テスト)を受験いただきます。合不合判定テストは、入試に向けて受験校を決定するためのテストです。正確な合否判定はもちろん、豊富な資料により苦手分野が浮き彫りとなり、直前対策を万全にします。全国統一小学生テストは11月に開催される四谷大塚主催の実力テストです。知識内容と思考内容がふんだんに出題されます。(開成ベガ6年生は必須参加となります。)

【正会員】
週テスト・組分けテスト
全国統一小学生テスト

正会員生は基本的に毎週の単元の定着度をはかる週テストを受験いただきます。また4週分の単元内容を総合的に網羅したテストとして組分けテストを受験いただきます。組分けテストは自身のコース・組のさらなる飛躍を目的としています。合不合判定テストは、入試に向けて受験校を決定するためのテストです。正確な合否判定はもちろん、豊富な資料により苦手分野が浮き彫りとなり、直前対策を万全にします。全国統一小学生テストは11月に開催される四谷大塚主催の実力テストです。知識内容と思考内容がふんだんに出題されます。(開成ベガ6年生は必須参加となります。)

五ッ木・駸々堂テスト

受験者が最大約8000名で近畿圏では一番主流の中学受験模試です。6年生前期までは任意参加、後期からは必須参加となります。

ページの先頭へ