小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
関西学院中学校
出身校
川西市立北陵小学校
出身教室
開成ベガ 日生中央教室

私がここに行こうと思ったのは家から近く、習い事と塾が両立できるのでこの塾を選びました。

この塾の良いところは2つあります。一つ目は、楽しく授業が受けられるところです。授業はみんなで話し合いながら進めます。先生がいろんな例えを使って、解説してくれるから理解しやすいです。
二つ目は、ひとクラスの人数が少なく、質問しやすいところもよかったです。一人ひとりが見てもらえる時間が長くなります。授業の中で先生とも交流できるので、質問しやすかったです。

私が一番努力したと思えることは、いろいろな記述問題です。関西学院の入試問題は記述が多いです。国語はもちろん、算数も記述問題があります。私は文章を書くのが苦手だったので、特に算数は困りました。考え方を文章で表現しなければいけなかったからです。先生には、何回も訂正してもらいました。そしてその都度、先生に言われたことをノートの最後のページに書いていました。
このように、先生に言われたことや指摘されたことなどをすぐに見られるようにして、入試直前に見直せるようにしたことが、合格につながったと思います。

 また、その中でも「やってよかった」と思える勉強法は、解いた教材やプリントの解き直しを二~三日後にやることで、それぞれの問題の考え方がよく身につきました。間違えた問題の解説を見て「理解できた」と思っても、本当に理解しているのかは自分ではわかりません。また、解説を見た後すぐに解き直しをしてしまうと、解き方がうろ覚えになっていることがあり、似たような問題が出てきたときに解けなかったこともありました。二~三日、日にちを置くと、その間に新しい情報が頭に入ってきます。しかし、その新しい情報に邪魔されずに、間違えた問題を解くことができるかできないかによって理解しているかどうかがわかります。

 塾に通っていて一番印象に残っているのは六年生の夏期合宿のテストで敢闘賞を取ったことです。真ん中のクラスにいた私が算数のテストで高得点を取れたから選ばれたのだと思います。テストの結果が発表されている間、私は何も考えずにただ賞をもらっている人に拍手をしているだけでした。普段のテストでも特別成績が良い訳ではなかったので、賞はもらえないだろうと勝手ながら確信していました。しかしその後、私の名前が呼ばれて、はっと我に返りました。前のスクリーンを見てみると、本当に私の名前がのっていました。びっくりしてしばらく信じられませんでした。でも、賞状と記念品のペンケースをもらえてとてもうれしかったです。周りの友だちからも「おめでとう」と言ってもらえました。このうれしさは忘れません。記念品のペンケースは今も大切に使っています。 

 そして合格した今思うのことは両親は、私が不安になったときになぐさめてくれたり、計画を練ってくれたり、心と生活を支えてくれました。何度も同じことを言われて反抗したこともあったけど、根気よく言ってくれたことがうれしかったです。塾の先生は、ただ勉強を教えてくれるだけでなく、ノートの使い方や時間の使い方など、効率の良い勉強の仕方も教えてくれました。すぐには身につきませんでしたが、そんなときは先生が自分のレベルに合わせて少しずつ教えてくれました。地道に教えてくれたことに感謝しています。
 合格できたのは、両親、塾や習い事の先生など、周りの人たちの協力があったからだと思います。私の支えになってくれてありがとうございました。

【保護者のメッセージ】
関西学院中学部を受験すると決めたのは、六年生の夏休みでした。秋からは過去問を中心に勉強しました。最初は合格最低点に遠く及ばず心配しましたが、塾の先生方に丁寧に指導していただき、本人の努力の甲斐もあり、最後までやり抜くことができました。合格できたことを本当にうれしく思います。ありがとうございました。

ページの先頭へ