小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
近畿大学附属中学校(英数コースプログレス)
出身校
大阪市立中泉尾小学校
出身教室
開成教育セミナー 大正教室

 僕は五年生の五月頃に入りました。なぜ入ったかというと、もともとお姉ちゃん二人が中学受験をしていて、家族からすすめられて入りました。初めの頃は楽しかったけれど途中からだんだんとめんどくさくなってきました。そのまま成績がのびずに六年生の夏になってがんばってみようと思い。好きだった国語を勉強しました。すると、とても国語の成績がのびました。けれど他の教科がとても悪く合不合では志望校判定が、非と判定さえできない状態が続きました。けれどお姉ちゃん達がはげましてくれてなんとかやっていけるような状態が続きました。そして、11月14日塾が終わり家に帰るとお母さんとお父さんにこのままでいいのかと言われ話し合いあと二ヶ月間全力でがんばれと言ってくれて、そこからひたすら勉強しました。
まず社会と理科をがんばろうと思い社会は授業でやったところのやり直しさらにノートにまとめました。理科は暗記プリントをひたすら覚えました。すると成績は上がったものの算数がとても悪かったため赤本をしたときはなんども泣きそうになりました。さらに冬やすみまであと少しのところで左うでの骨にひびが入るけがをしてしまいました。さらにギブスの違わ感のせいで暗記がはかどらずに算数に力をいれ始めました。計算プリントや、課題プリント、筋トレをしました。すると算数の成績が上がったおかげで合格点に近づきました。そしてどんどん自信がついていきました。さらに入試一週間前の日ギブスがとれラストスパートに力がとても入りました。赤本でも初めよりも合格点が60点近く上がって合格点にもとどき、自信しかありませんでした。入試本番、教室に入ったときには、威圧感で押しつぶされそうになりました。けれど先生からの手紙とメンタルの強さで一時間目はきんちょうせずに受けることができその後も問題なく終えることができました。

【保護者のメッセージ】
 5年生の春から受験勉強がスタートしました。基礎学力が高まるにつれて目標意識が芽生え大好きなサッカーとの両立で最後までやり遂げる事が出来て、志望校合格が叶いました。この時期に文武両道を経験できたのは貴重な経験でした。
 これからはもっと大きな夢を持ち自信を持って色んな事にチャレンジしてほしいです。共に学んだお友達、先生方本当にありがとうございました。

ページの先頭へ

近畿大学附属中学校の合格体験記

  • 近畿大学附属中学校(医薬コース)合格
  • 近畿大学附属中学校(英数コースプログレス)合格
  • 近畿大学附属中学校(英数コースアドバンスト)合格
  • 近畿大学附属中学校(英数コースプログレス)合格