小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
同志社国際中学校
出身校
吹田市立千里第三小学校
出身教室
開成ベガ エール進学教室千里山田校

 ぼくが、この塾に入ったきっかけは、兄が中学受験をしていたからです。最初は、受験なんかしたくはないと思っていましたが、先生の授業はおもしろかったので塾に行くことは楽しかったです。
 六年生になって、週テストを受けることにしました。週に一度偏差値が出てくるので、それがはげみになり週テストの勉強をがんばるようになりました。特に理科で一位を取れたことがとてもうれしくて、もっと理科をがんばりたいと思いました。週テストの勉強をがんばったことで組分けテストのクラスも上がっていき、基礎力がついていきました。
 算数、理科、社会は点数が取れるようになって、五ツ木のテストでも偏差値が安定していきましたが、国語はなかなか点数がとれませんでした。ぼくは、読むのがおそいので時間内に全ての記述が書けないことがよくありました。そのため家では速く読む練習をしたり、記述問題を多く解いたり、中尾先生に居残り特訓をしてもらって少しずつ記述が書けるようになっていきました。それでもやっぱり国語は苦手だったので、他の3教科でしっかり点数を取ってカバーできるように努力しました。
 そんな苦手な国語でしたが、入試では全ての記述問題をうめることができました。特に同志社国際中学校の問題では、居残り特訓で解いた物語文が出たので自信を持って解くことができました。特訓の成果が実って本当にうれしかったです。
 過去問は、十年分解きました。過去問を解くことによって、その学校の傾向をつかむことができます。そして、しっかりと解き直すことで自分がどんな所が苦手かもわかります。
 最後に、今まで応援してくれた家族や塾の先生方にとても感謝しています。ありがとうございました。

【保護者のメッセージ】
 兄に引き続きエール千里山田校でお世話になりました。変わらずに親身で熱心に御指導をして下さる先生方と、千里山田校の温かい雰囲気のおかげで、塾の友達との勉強を楽しみに通うことができました。
 第一希望校が入試の2ヶ月前に変わり、今まで目指していた学校と傾向が違うため、思うように過去問の点数が取れず焦ってばかりでした。スローペースで数をこなせるタイプではないので、不安に思うこともありましたが、中尾先生に「最後に合わせてくるタイプなので、一緒に頑張りましょう!」と精神面でも随分と支えていただき、最後まで諦めずに頑張ることができました。
 合格が決まり、「広い世界を見に行くねん!」と新生活を楽しみに話してくれた姿が、とても頼もしく成長を感じました。
 最後になりましたが、中尾先生、沖口先生、前野先生そして携わって下さった先生方、本当にありがとうございました。

ページの先頭へ