小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
三田学園中学校(A)
出身校
川西市立川西小学校
出身教室
開成ベガ 川西中央教室

 私が三田学園を選んだのは、広さと文武両立のポリシーが気に入ったからです。私はもともと学校が大好きでした。だから、学校らしい、行事がいっぱいの学校に行きたいと思いました。
 私は、とにかく国語が好きです。国語の先生が面白かったし、文章を読むのが好きだったからです。しかし、十一月、十二月と急に時間配分ができなくなりました。私は、いつも感覚で問題を解くところがありました。今まではそれで上手くいっていたのですが、冬期講習前になってそれがくずれました。しかし、赤本を解く時、線をしっかり引くことを意識したら、点数が戻り、嬉しかったし安心しました。
 そして、私が何より苦手なのは算数です。受験コースに入る前は今よりもっと計算が遅かったです。私は、実力練成クラスに入っていたのですが、その時の方が宿題が少なかったのに、計算ぎらいで、宿題ができず泣いていたぐらいでした。絵をかくのが好きだったからか、図形はまだ得意な方でしたが、なんせ計算がネックでした。計算の教材を最優先にしようと決めて頑張っていましたが、苦手なのでなかなか進みませんでした。だから後から、もっと「コツコツ」やるべきだと思いました。私は、五年生の秋に入り、初の組分けでそれなりの判定をもらえたので、油断していたところがあったと思います。気まぐれですが、時々解きなおしはしていたので、成績、特に算数は最初より上がったと思いました。そして、四谷大塚組分けテストで念願のC判定をもらえました。
 私が、実際に中学受験をして分かったのは、「コツコツ」の大切さです。これを実現するのはなかなか難しいことです。でも、私の気まぐれでする程度でも成績が上がるのだから、きっと毎日コツコツやれば必ず結果が出ます。そしていつも誰かが支えてくれていると思うとやる気がでると思います。

【保護者のメッセージ】
 娘と中学受験をしようと決断した五年生の秋からあっと言う間の一年半でした。始めは勉強量の多さ、授業の難しさに大変そうでしたが塾の先生や友達に会えることを楽しみに休まず通っていました。
 学校が大好きで、絵を描くことが大好きで友達と遊ぶことも大好きで塾も大好き。どの時間も削りたくない娘にとって、優先順位をつけること、時間配分を考えることは難しく自分のペースを突き通す娘と、何度もぶつかりましたが、受験当日、三田学園の門をくぐり出会う先生方一人一人に笑顔でハキハキと挨拶をする娘の姿を見た時、自分らしさを失わずに受験勉強を最後まで頑張ったんだなと胸が熱くなりました。
 無事に合格をいただき、もう一つの彼女の大きな目標だった「六年間皆勤」も達成間近です。自分の夢をどんどん叶えていく娘の姿はとても眩しく、頼もしいです。「心悠、またママに新しい景色を見せてくれて有難う!!合格おめでとう!!」
 最後になりましたが、先生方やお友達のお蔭で娘は彼女らしく楽しんで受験を終えることが出来ました。有難うございました。

ページの先頭へ