小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

合格おめでとう!

合格校
京都府立大学(生命環境 環境デザイン)
出身校
宝塚北高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 宝塚山本教室

 学校で「受験は厳しい。辛い。」と耳にして、「受験生はたくさん勉強しないといけないし、大変だな。」と思っている人は多いと思います。しかし私は、受験の本質はそんなところにはないと感じました。
 私は共通テストでいい点数が取れず、現役合格が一番の目標だったので、それまでの第一志望を諦めることにしました。正直、高二の頃から目指していた大学を諦めるのはかなり辛かったです。それでも、共通テストが終わってからは私大の対策をしなければならず、辛いけど勉強しなければならない状況になりました。そんな時、友人や先生方からたくさん励まされ、そのおかげでなんとか持ち直して私大に合格しました。
 でもここで私は「もう元々の第一志望じゃないから、国公立にこだわらなくてもいいんじゃないか。」と甘えてしまい、そのせいで両親と度々衝突するようになりました。「自分はもう頑張れない。これ以上どう頑張ればいいのかわからない。」と大声で泣いたこともありました。しかしそんな時でもFSのチーフや先生方と一緒に過去問を解くと「やっぱり国公立に行きたい。」と思えたので、自分の甘えを振り払って最後には合格することができました。
 私は最初から目指していた大学を受験することはありませんでした。けれども受験を通して多くのことを学びました。自分の将来と真剣に向き合い、自分の意志で未来を勝ち取ることの難しさ。理想と現実のギャップに悩む辛さや苦しさ。そういったものの方が勉強を続けることよりもはるかに厳しく、辛いことだったと思います。しかし同時にそれが、私を大きく成長させてくれました。それに、受験を共に乗り越えた仲間とは受験前よりももっと固い絆で結ばれました。確かに辛いことの多い受験ですが、乗り越えた先の成長した自分に出会うためにも、後輩たちには頑張ってほしいなと思います。

ページの先頭へ

京都府立大学の合格体験記

  • 京都府立大学(文 欧米言語文化)合格
  • 京都府立大学(文 日本・中国文)合格