小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
大阪府立水都国際中学校
出身校
大阪市立鶴町小学校

 僕はもともと、作文を書くのは好きですが苦手でした。周りの人よりも書くのがおそく、みんなが書き終わっていて、自分だけが書き終わっていないという状況がよくありました。僕はそれが嫌で、あきらめてしまいそうになったこともありました。僕は、それを塾の先生に相談してみました。すると、「紙か何かに作文のお題と自分が書きたいことをセットで書いて、それを頭にたたきこむ」という方法を教えてくれました。そうすることで、内容を考える時間が省け、作文を書く時間を短くできます。さらに、添削された作文に書かれたアドバイスをまとめるということもしました。このようなことをしているうちに、良い作文を早く書けるようになったのです。
 この方法は、先ほどにも述べたように塾の先生が教えてくれたものです。先生たちは、僕たちよりも経験があり、様々なことを知っています。だから、何か勉強に関する悩みや知りたいこと、分からない問題は先生たちに相談してみると良いと思います。
 そして、生きる上でも、受験をする上でも大切にしてほしいことがあります。それは、「何があってもあきらめないこと」です。これは、僕が受験をして知ることができたことです。作文が早く書けずにあきらめそうになったとき、僕は気付きました。「あきらめられるなら、それは本当に願っていることではないのでは。」と。あきらめたら、全てが終わってしまいます。全ての努力が水の泡になってしまいます。本当に受験をしたい、合格したいと思うなら、あきらめるということは一番してはいけません。そのことを胸に、僕は勉強をしてきました。
 このように、先生や親たちが支えてくれたおかげで、そして自分があきらめなかったおかげで僕は合格をつかむことができたのです。

【保護者からのメッセージ】
 入試に向けて一番心配していたことは、焦ってしまうことでした。普段から自分で勉強をし、模試や公開テストの結果も私が考えているよりも良く、苦手だった作文にも意欲的に取り組む姿を見ていたので入試の問題については心配していませんでした。とにかく焦ってしまわないか、それだけが心配でした。その対策として、まず息子が難しいと感じた問題が出た場合、その時は他の皆にも難しい問題なので心配しなくても良いこと、死ぬこと以外はかすり傷であることを伝えました。一番の秘策は、私の全力の変な顔を見せ、もし焦った時は必ず思い出せというものでした。いつもの力が出せること、それが一番大事なことだと思います。入試後、息子に聞くと私の変な顔を思い出してくれたとのことで、少しは力になれたのかなと嬉しくなりました。これからが本当のスタートですが、まずはお疲れ様でした。そしておめでとう。

ページの先頭へ

大阪府立水都国際中学校の合格体験記

  • 大阪府立水都国際中学校合格
  • 大阪府立水都国際中学校合格
  • 大阪府立水都国際中学校合格
  • 大阪府立水都国際中学校合格
  • 大阪府立水都国際中学校合格
  • 大阪府立水都国際中学校合格