小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
立命館中学校(CL(中高大一貫)コース)
出身校
吹田市立千里第三小学校
出身教室
開成ベガ 緑地駅前教室

 僕はこの度立命館中学校CLコースと、同支社香里中学校を後期入試にて合格した。しかし立命館中学校の本命はALコースだったので、くやしいと思っているが、第一志望の学校に通うことができて満足している。
 僕が中学受験を始めたのは6年生の4月。それまで公文式などは通っていたが、中学受験勉強は初めてだったので最初の方は授業に全く付いていけず、不安がよぎっていた。このままではいけないと思っていた7月、夏期講習が始まる時に僕はスイッチを入れた。かといって勉強時間を増やす、というわけではなく、勉強の質を上げた。まずどの科目も授業は真剣に聞く。そして宿題はその日に終わらし、予習をする。すべて終わると、むだな勉強はしなかった。勉強をしすぎるとつかれてしまい、明日の授業を集中して聞けなくなってしまうからだ。これを夏期講習のとき毎日毎日行っていた。すると9月のもしですごく成績が上がっていた。単純に嬉しかった。また、夏期講習中には、苦手科目の克服に力を入れた。僕の場合理科と国語だったため、理科の教科書をすべて終わらせた。国語は先生が解くために必要だといっていることを頭に入れた。
 少しずつ自分に自信がついてきた後期は、とにかく宿題を完璧にした。後期に気を付けることは、分からない所を質問することだ。先生はもちろん、クラスの子にも僕は質問した。これらの成果もあってか、10月からのもしすべてにおいて第一志望、第二志望ともにA判定をとることができた。さらに12月、受験前最後のもしは、苦手だった理科と国語で最高点をとることができ、開成ベガの中でもトップになることができた。
 このように僕は夏期講習が一番大事だと思った。また、苦手科目と向き合い、克服することも大事だと思った。最後に、中村先生、吉川先生、前野先生、文先生、入試実践などの先生、家族、ありがとうございました。

【保護者からのメッセージ】
 6年生4月からの受験。気をつけていたことは息子の気持ちです。模試で結果が出ない時も出た時も頑張ったことを褒めました。息子の人生!息子自ら納得して勉強に取り組むように見守りサポートしました。年が明けたらとにかく体調管理だけ気をつけました。不安になるので大丈夫!を呪文のように親子で唱え本番を迎えました。

ページの先頭へ

立命館中学校の合格体験記

  • 立命館中学校(CL(中高大一貫)コース)合格