小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

  • 合格体験記トップ
  • 中学校で見る
  • 高校で見る
  • 大学で見る

合格おめでとう!

合格校
大阪工業大学(ロボティクス&デザイン工 ロボット工)
出身校
大阪府立阿倍野高等学校
出身教室
開成ハイスクール 西田辺本部教室

 中学生の頃からとにかく勉強が嫌いで嫌いで仕方なかった僕だが大学には行きたかった。母からもよく、そんなに勉強が嫌いなら無理して進学しなくてもいい、なぜ行きたいのなど思春期も相まって母とはしばしば言い合いにもなったものだが合格に対して僕にはなんとなくの自信があった。
 僕が進学を決めた理由はちゃんとあった。僕は小学生の頃から算数、数学だけは得意だった。定期テストや実力テスト前でも勉強した記憶は少ししかないがそれでもそこそこ点数が取れていてちゃんと勉強すれば満点は取れるなと、いつも思っていた。そんな僕はもちろん理系で物理においてもそうだった。子供のときからもの作りが好きで家の不用品を使っていろんなものを想像に任して作っていた。
 この時代に合ったIT技術を使って物を作ってみたいというのが僕が進学を決めた理由です。
 初夏に入り、塾でも学校でも受験オーラが強くなってきた頃にやっと本腰を入れ始めました。数学、物理はとにかく過去問ばかり反復しました。赤本3種全部解いて理解できるまで解説を読みました。英語は大の苦手でしたが数学と同じく過去問を解き、英単語・熟語本を、単語の使い方や言い回しなどが記載されている箇所まで徹底的に読んで暗記しました。もともと高みを目指していた訳ではなかったので僕の合格体験記はこんなものです。
 合格したからゴールではありません。僕にとってはスタートです。「これから大学で好きな教科だけ勉強して得意な事をもっと向上させていきたい!今後の人生の中でもう受験はないんだ!」こんな素敵な思いをぜひ皆さんも開成で経験してみてください。
以上

【保護者からのメッセージ】
『親子喧嘩は親子を救う』
 勉強しない息子に何度「進学せずに働け!」と怒鳴った事でしょうか…。高校3年生ともなれば怒鳴ったところでナンセンスという事は重々分かっていますが親も人間ですから感情爆発という事が頻繁にありました。勉強嫌いな息子は高校受験の時もただただ開成(塾)任せで家でがつがつ勉強している姿はほとんどありませんでしたが、そこそこですが受験に成功、それがあったので今回の大学受験もそこそこ(笑)見守っていました。どうせ言ってもきかないし…。(笑)
 これから大学受験を迎える保護者の方に向ける言葉があるとすれば「いかなる時も可愛がってあげて下さい」という事です。言葉のスキンシップは必ず親子を助けます。親子喧嘩もスキンシップです!
 今は大学受験(公募推薦)も無事に終わり、息子が大学4年間とそして大学卒業後も笑顔で羽ばたいていけるであろう得意な分野を勉強できる大学に進学決定しました。大学の偏差値よりもやりたい事ができる大学を言葉のスキンシップを通して見つけてトライしてください。自宅ではギャーギャー怒鳴られ、開成ハイスクールの教室は息子の唯一の癒しの場、だったのではないでしょうか…。本当に見捨てる事なく最後までお世話頂き、濱田先生はじめ先生方には感謝しております。ありがとうございました。

ページの先頭へ

大阪工業大学の合格体験記

  • 大阪工業大学(工 電気電子システム工)合格