予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
咲くやこの花中学校(言語)
出身校
大阪市立巽小学校
出身教室
開成教育セミナー 桃谷駅前教室

 中学受験を通して、学んだことが二つあります。一つ目は、「強い意志を持たないと、物事をやりとげることはできない。」ということです。
 私は五年生のとき、小学校のかべに貼ってあった咲くやこの花中高一貫校のポスターを見ました。公立でありながら分野学習ができることに魅力を感じ、六年生の夏にオープンスクールへ行きました。私は将来出版社で働きたいので、言語分野の文芸部を選択しました。学校の中はポスターで見たより何倍もきれいで、生徒会の人が大きな声ではきはきとあいさつをしていました。授業体験や部活体験でも優しく接してくれ、とてもうれしかったです。きっとこの人たちは、「頭がいい」だけでなく「性格もいい」のだろうなと思いました。私もそのような人になりたいと思いました。
 「なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」という詠もあるように、「夢に向かって学びたい」他に、「性格のよい人になりたい」という思いが、合格につながったのだと思います。
 もう一つは、「あきらめることはもったいないこと」だということです。私は勉強は好きではなかったし、塾に入りたての頃は、算数の授業に全然ついていけませんでした。焦って、先生の話を聞きもらしてしまったからです。しかし、落ち着いて授業を聞き、分からないところは先生に聞くことで、前向きに試験当日を迎えられました。塾の先生だけでなく友達からもはげましの言葉をたくさんもらい、いつものように落ち着いて試験を受けられました。開成でたくさん努力したことで、合格につながりました。勉強はたくさんしなければいけないし、自分のやりたいことも制限されますが、強い意志と前向きな心、そして開成での友達や思い出が力になりました。とてもうれしいです。

【保護者からのメッセージ】
 中学受験を甘く考えていた訳ではありませんが、成績優秀な娘に塾は必要?死ぬ気でがんばればなんとかなるんじゃないかと思っていました。
 たくさんのドリルをこなした上で過去問に挑みました。が、しかし思うように解けないことが多く、合格するためにどう勉強すればいいのか途方に暮れました。そんなとき、北巽教室の先生にお話を聞ける機会がありました。そこで「塾は必要?」と尋ねたところ「時短できる」と答えていただきました。闇雲に手当り次第で空回りしていたところ「ムダなく的確に指導できる」という言葉はとても心強かったです。
 六年生の夏休みからという短期間に、手も足も出ないところから合格に導いてくださった桃谷駅前教室の宮迫先生、今井先生にはその温かく細やかな指導に感謝申し上げます。また、優しく励ましてくださった事務の先生にも感謝いたします。本当にありがとうございました。

【先生からのコメント】
 『咲くやこの花中学校に合格したら、大好きな「言語」を伸ばしつつ、苦手科目の克服を目指したいです。』
入試直前の1月14日に、伊藤さんが『咲くやこの花中学校に合格したら』というテーマで書いた作文の冒頭です。伊藤さんは、将来の夢、咲くやこの花中でしたいこと、そして、今何をするかがはっきり分かっています。また、計画を立てて勉強をしている姿を見て、「この子は合格する!」と強く感じました。
咲くやこの花中学校には、様々な特技を持った生徒がいます。彼らからたくさん刺激をもらい、伊藤さんの夢の実現に向けて充実した学校生活を送ってください!合格おめでとう!
[宮迫友輔]

ページの先頭へ

咲くやこの花中学校の合格体験記

  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(芸術)合格
  • 咲くやこの花中学校(芸術)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(スポーツ)合格
  • 咲くやこの花中学校(ものづくり)合格