予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
咲くやこの花中学校(ものづくり)
出身校
大阪市立豊仁小学校
出身教室
開成教育セミナー JR野田駅前教室

 自分を信じるっていうことは、受験では最も大切なことなのかも知れません。
 中学受験の塾に4年生から行っていましたが、咲くやこの花中学に行きたいと6年生になって思うようになりました。咲くや受験で良い成績を出していたからというのが、開成教育セミナーを選んだ大きな理由です。ただ、行ってみると先生方の授業が楽しくて、今までの塾で楽しいと思ったことが無かった分、塾に行くのが楽しみになっていきました。
 勉強についてぼくが一番思っていることは、人と同じことをやっているだけではダメだということです。宿題はぼくの中では勉強させるためにあるものというイメージがあります。つまり、やる気さえあれば宿題は気にしなくていいということです。実際ぼくは宿題を気にせずに勉強していました。ただ、塾で出された宿題より多くするという課題は忘れないようにしながら。とにかくいろんな問題をするようにしました。塾の教材を全てやる以外に前の中学受験の塾の教材もやってみたりしました。やった後は、丸つけをして間違い直しをしました。ぼくの間違い直しの仕方は、丸つけをして間違っていた問題のところを教材にバツをつけて1週間位あけた後もう一度問題を解いて、間違っていたら解説を読む。その後、教材が全て終わったら間違った問題だけをするという2周目に入ります。結局、4周ぐらい同じ問題を解きました。宿題をやるだけで、満足していてはダメだということが分かりました。
 ぼくは、受験当日に問題が過去問とかなり違うことにおどろきましたが、その時にたくさんの問題を解いていたことが大きな力となりました。今までに解いた問題の中に無駄な物は1つもありません。ただ、受験当日に必要なのは自分を信じる気持ちです。自分がそうであったように自分は大丈夫だと思えば、運は自分に味方してくれます。自分を信じて!

【保護者からのメッセージ】
 咲くやこの花を受験しようと決めたのは6年生の夏休み前でした。他の塾からこちらに変わったのは7月で、この頃に子供自身が受験すると言う覚悟が出来たと思われます。
 問題が難しいと言いながらも楽しそうに塾に通う姿は、我が子ながらすごいなと思いました。短期間ではありましたが、内容の濃い授業、指導のおかげで合格することが出来たのだと思います。お世話になりました先生の皆様どうもありがとうございました。

【先生からのコメント】
わたしの中でも仮屋薗くんはショッキングな生徒でした。中学受験の勉強をしていた生徒がこんなにも賢いものかと・・・。仮屋薗くんは過去の並み居る「ものづくり」の合格者の中でも屈指の賢さだったので、わたしの中でも第二の仮屋薗くんを輩出していくことが、これからの夢です。彼の体験記にも書かれているように、日ごろから塾で言われていることを当たり前のようにこなせる彼は、やはり素晴らしい人物であると思います。ものづくりコースは咲くやこの花中学受験での最難関コース。人と同じことをやっていても合格できない。しかし、人と同じことをするだけでも大変なのに楽しみながらこなしている彼の姿は、咲くやこの花中学受験の理想像であり、これからもわたしたちが目指していくコースの像であります。中学に入ってもっともっと勉強を楽しんで、同志とともに更に切磋琢磨し、成長してくれるものと期待しております。合格おめでとうございます。
[岡村一雄]

ページの先頭へ

咲くやこの花中学校の合格体験記

  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(芸術)合格
  • 咲くやこの花中学校(芸術)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(言語)合格
  • 咲くやこの花中学校(スポーツ)合格