予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
武庫川女子大学(看護 看護)
出身校
帝塚山高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 松原駅前教室
代ゼミサテライン予備校 松原教室

私が本格的に受験を意識し始めたのは新高3で代ゼミサテラインに入った頃です。長年通っている塾だったので、塾に行く事が当たり前になってしまい、エンジンがかかるのが遅かったと思います。とりあえず塾に行き、勉強した気になっていました。すると高3の夏休みのスケジュールを決める時、ほとんどの教科で基礎からやり直したくなり、毎日あれもこれもと勉強した結果、夏休みでは基礎は定着しましたが、応用力が身に付きませんでした。
そこで私が今年の受験生に伝えたい事は、初めからもっと量より質を意識して欲しいという事です。私は夏休み一日15時間!と決め、ひたすら自習室にこもりました。もちろん量も大切だと思いますが、この結果、とても疲れただけの中身が微妙なものとなりました。
また、受けられる推薦は受けておいた方が良いです。私は塾の先生に勧められて受けました。学校の先生からは一般で大丈夫。と言われましたが、結果的に一つでも合格通知があると、センターでこけた時、一般で落ちた時、安心感がありますし、国公立志望なら私立の一般を受ける必要が無いので国公立までの時間が増え、それだけに集中できます。これが無かったら物凄く焦っていただろうと今思います。勧めてくれたフリーステップと代ゼミサテラインの先生に本当に感謝しています。
フリーステップの先生は、「これからは、一日どれくらいこの参考書を使い、それが終わったらこれをしよう。」と相談に乗って下さり、予定の紙まで作って下さいました。代ゼミサテラインでは月二回の面談があり、勉強の事だけでなく、体調を心配して下さったり、大学の様子を教えて下さり、モチベーションを上げる事が出来ました。大学受験は大変疲れましたが、それ以上にこれを乗り越えたという自分への自信が生まれました。色々な事があり、色々な感情になりました。
しかし、これは一回しか無い、大切な人生の糧となりました。

ページの先頭へ

武庫川女子大学の合格体験記

  • 武庫川女子大学(文 心理・社会福祉)合格
  • 武庫川女子大学(文 心理・社会福祉)合格