予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
武庫川女子大学(文 心理・社会福祉)
出身校
布施高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 桃谷駅前教室
代ゼミサテライン予備校 鶴橋教室

 まず始めに、私は高校一、二年生の時期はとにかく勉強が嫌いで、常識も全然わかっていませんでした。そんな私がどうして勉強を始め、ここまで頑張れたのかをお話ししたいと思います。
 私の勉強を始めたきっかけは、学校のクラス替えで、たまたま模試結果が良かったので上のクラスにあがれたことです。それまでずっと、英語は校内で良い方だったので自分は賢いと信じ切っていました。しかし、上のクラスの英語のテストは難しく、点数も悪くとても落ち込んだことを覚えています。自分の得意教科で負けることが悔しいということを初めて感じた瞬間でした。それが後に、英語ばかりでなく、他のことに焦点を向けるきっかけの一つでもありました。英語が得意だから英語に携わる仕事に就こうと思っていましたが、たくさん調べたり、先輩や友人、家族の話を聞いて、英語とはかけ離れた福祉系の仕事を考えるようになりました。それにより、志望する大学、学部、そして勉強の仕方も変わるので、学校や塾の先生に申し訳なく思い、なかなか話を切り出せませんでした。学校の先生には「無理や。」と断言されましたが、塾の先生は受け入れてくれました。私は、それが勉強に対する気持ちが一番強くなれた出来事だったと思います。担当の先生やチーフは、勉強ができない私に腹を立てたりせず、私が泣いてしまうようなことがあってもいつも支えてくれました。
 私がこの一年で学んだことは、選択肢は自分で見つけて広げることができるということです。私にはこれしかないと思っていても視野を広げると新しい何かが見つかるかもしれません。また、何事も目標設定や継続が大切だということです。○○のために頑張るとか、単語毎日やるとか、そういったことが、いざというとき、素晴らしい力を発揮させてくれると思います。このような考え方が、できるようになるくらいに指導してくれたり支えてくれた先生、友人、家族に心から感謝しています。私の話が皆さんにとって何かのきっかけの一つになると、嬉しいです。

ページの先頭へ

武庫川女子大学の合格体験記

  • 武庫川女子大学(文 心理・社会福祉)合格
  • 武庫川女子大学(看護 看護)合格