予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
神戸大学(文 人文)
出身校
豊中高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 阪急茨木教室
代ゼミサテライン予備校 茨木教室

 私が受験勉強を始めたのは、高2の冬休みでした。まだ本格的にやってはいませんでしたが、その時期から不安だった要素を学校でもらった問題集を中心に勉強していました。なかでも、やっていてよかったと思うのは、英語の文法や語法の参考書(Vintageなど)です。春休みまでに2周か3周したおかげで、早いうちから文法についての知識を定着させることができました。
 しかし、早く始めすぎたせいか、3年の1学期の終わり頃から集中力が続かないようになりました。そんな時は、苦手な数学の合間に比較的自分では楽に取り組める理科基礎や社会を勉強したり、眠い時間帯に集中力がいることをするのを避けたりして、できるだけ多くの時間を勉強に使うことができるように工夫して時間配分を決めていました。
 2学期に入り、行事もどんどん終わっていくと、クラスの周りの人たちも本気モードになり、私も勉強しなければならないという思いが強くなりました。一生懸命やっていたのですが、12月に入ってセンター国語の点数が思うように取れなくなってしまいました。そして、本番でも点数が悪く、第一志望を諦めるどころか、行く想定のしていなかった大学にしなければならないのではないかと焦りました。けれども、得意な教科の埋め合わせのおかげで第二志望のボーダーラインには届きました。やはり取れる教科で確実に点を取ることは重要なのだと思います。
 センターが終わってからは、勉強をとにかく意識して生活していました。私立受験へ向かう移動中も単語を覚えたりして、とにかく一瞬も無駄にしないようにしました。そのような生活をしていたので、受験が終わった瞬間一気に解放された気分になりました。もう一度受験生になりたいかと言われれば、なりたくはありません。しかし、受験が終わったとき、そして合格を知ったときの嬉しさは他では味わえないものでした。また、辛くても投げ出さない精神力もつきました。そういう意味でも、受験を経験することができてよかったと思います。

ページの先頭へ

神戸大学の合格体験記

  • 神戸大学(経営 経営)合格
  • 神戸大学(理 数学)合格
  • 神戸大学(理 生物)合格
  • 神戸大学(経済 経済)合格
  • 神戸大学(国際人間科学 環境共生)合格
  • 神戸大学(医 保健-検査技術科学)合格
  • 神戸大学(工 電気電子工)合格