予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
徳島大学(総合科学 社会総合科学科)
出身校
彦根東高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 近江八幡教室

僕にとって受験勉強は本当に大変で辛いものでした。本格的に受験勉強を始めたのは部活を引退した6月だったのですが、そこからの模試の成績がなかなか変わらず、サテラインのチーフやフェローの先生に進路相談をし、映像授業を受けていきました。授業はとてもわかりやすかったので受験勉強の助けになり、成績を少しずつ上げていくことができましたが、少しずつしか上がらないことにいら立ちを覚えた日もありました。追い込み時期には自習と映像授業のバランスを考えながら勉強を進めるよう教えてもらい、最終的には私立大学1校と国立大学の後期日程で1校の合計2校の合格を勝ち取ることが出来ました。そこまで支えてくださった塾のチーフやフェローの方々、学校の先生、家族のみんなには感謝してもしきれないです。僕は後輩のみなさんに受験が終わったからこそ見えてきた自信を持って言えること事をいくつか紹介したいと思います。
 まず1つ目は勉強において量より質の方が大切だということです。僕は受験生の時には量をこなすのが確実だと考え、計画もろくに立てずにとりあえずひたすら勉強をしていました。自習室に何時間もこもりっぱなしの時も多々ありました。しかし、どんな人でも長時間集中し続けることはできないので、適度な休憩をはさみながら勉強することは本当にとても大切だと思います。
 もう1つは1つ目とも若干内容は被っているかもしれませんが、計画をできるだけ詳しく、良く考えて立てることです。僕もいろんな人から計画を立てることの大切さは聞いていましたが、結局中途半端な計画に終わってしまいました。計画を立てることのメリットは自分が理解できるようになったことや暗記したものを正確に把握でき、その結果効率よくできていない事や知識が不十分なところを補っていけるという事です。また、毎日自分が出来るようになったことを確認することで着実にゴールに近づいていることを実感できると思います。計画を立てるのは苦手な人が多いと思いますが、じっくりと計画を立てるようにしてください。絶対に漠然と勉強するよりも良い結果が得られるはずです。後輩のみなさん、受験勉強を頑張ってください。
【保護者からのメッセージ】
 塾には中3の夏からお世話になりました。バスケが好きで部活には熱心に取り組んでいた息子には、勉強との両立はとても大変だったことと思いますが、熟で学習内容の復習を徹底して頂いたことが受験結果に繋がったのだと思います。受験期には、先生方の助言が息子だけでなく親にとっても大きな心の支えになりました。息子がたくさんの人に支えられて無事大学へ進学できることに感謝しています。

ページの先頭へ

徳島大学の合格体験記

  • 徳島大学(生物資源産業 生物資源産業)合格