予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
大阪府立大学(現代システム科学域 マネジメント学類)
出身校
生野高校
出身教室
開成ハイスクール 松原駅前教室
代ゼミサテライン予備校 松原教室

私は吹奏楽部に所属していて、高2の4月に引退しました。ほかの部活の友達はまだほとんど引退していなかったので、私はチャンスだと思いました。けれど私は逆にそれで油断してしまいました。塾の授業だけを受けて、単語もろくに覚えず、気付けば周りの友達も部活を引退して勉強を始めていました。そろそろ勉強を真剣に始めないといけないと思ったのが夏休みごろでした。今振り返れば、一番やり直したいと思うのはこの夏休みまでの時間です。具体的に単語をやっておくべきだったなと思います。
 夏になってからは英数国を重点的に勉強しました。なぜなら、暗記教科に比べて英数国は結果が出るまで時間がかかる科目だと思ったからです。具体的な勉強法は過去問と復習を繰り返すことでした。間違えたところの解説を読んで、少し時間を空けてもう一度解いて、間違えなくなるまで繰り返しました。時々点数が下がることもあったけれど全体を通してみると、これのおかげで成績は伸びていたのかなと思います。ただ、この時から理科社会にも手を付けておくべきだったと思います。範囲がまだ終わっていないから模試の点数が悪くても仕方ないと自分に言い聞かせて逃げていたので、冬になって痛い目を見ました。
 夏休みが終わったころに私は私立高校の公募推薦入試を受けようと決めました。センター試験の勉強に専念したかったからと、大事なセンター試験を初めての本番にしたくなかったからという理由からです。本当にその大学行ってもいいのなら、これはかなりいい方法だったかなと思います。冬に私立と国公立の両方の勉強をするのは大変だし、私立大学が一つも決まらなかったら、浪人するかもしれないという不安が国公立大学の試験本番で緊張を倍増させると思います。結果的に公募推薦で私立大学を抑え、センター以降は国公立の二次試験対策に専念することができました。また、公募推薦で試験を一度受けておいたおかげでセンター試験では自分の力を100%出し切れたと思います。
 そして公募推薦が終わってから本格的に暗記科目を始めました。これは本当に遅かったと思います。代ゼミで授業を受けていたことが唯一の救いでした。何度も夏からやっておくべきだったと後悔しました。勉強法は英数国と同じように過去問と復習でした。暗記科目でも赤シートや一問一答だけではなく、実際の問題を解いてみることが大事だと思います。
 センター本番は何よりも自分の力を出し切ることが大事だなと思いました。一度きりの本番を無駄にせず、やり切ることが大切だと思います。
 センター試験が終わってからはひたすら大学の過去問を解きました。何度も解いているうちに大学の意図や狙いがわかってきて、本番も、いつも通りやるだけ、と思えば変な緊張もなく全力を出し切ることができました。
 私は正直、この一年は思っていたよりしんどくなかったなと思います。というのは、周りのいろんな人たちに支えられて高め合っていけたからです。塾の帰りにご褒美を買ったり、模試の後に友達とごはんを食べに行ったり、フェローさんが相談に乗ってくれたり、お母さんがお弁当を作ってくれたり、そのおかげで頑張れたと思います。これからの不安もあると思いますが、感謝を忘れずに頑張ってください。

ページの先頭へ

大阪府立大学の合格体験記

  • 大阪府立大学(現代システム科学域 環境システム-理数型)合格
  • 大阪府立大学(現代システム科学域 マネジメント学類)合格
  • 大阪府立大学(現代システム科学域 マネジメント学類)合格
  • 大阪府立大学(地域保健学域 総合リハビリ-理学療法)合格