予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
奈良県立医科大学(医 看護(一般枠))
出身校
生野高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 松原教室

私が代ゼミに入ったのは高校2年生の春休みでした。学校の先生は受験生0学期と呼ぶ時期になって私は塾を探していました。様々な塾がある中で代ゼミを選んだ理由は2つありました。
 まず体験授業で受講した時、西谷昇二の総合英語という講座を見ました。その先生の授業は英語の学び方から英語のなんたるかを教えてくれる、とても熱いものでした。当時、英語が少し苦手だった私は、「この先生なら英語を得意にできるかもしれない!」と思い、西谷先生の講座を取ることに決めました。その他にも、生物の大堀先生というこれまた熱く激しい(笑)授業をする先生がいて、生物が好きな私はもっと楽しく生物を学びたいという気持ちで生物を取りました。代ゼミでは自分の苦手、得意に合わせて先生を選び授業を取ることができます。集団授業で合う先生を探すより、自分がついて行きたいと思える先生を選べることが自分の勉強のやる気にもつながります。お気に入りの先生はフェローやチーフにアピールしておくと公開授業という特別講座に招待されて、普段は画面越しの先生に直接教えてもらえる機会があるかもしれません。更なるモチベーショにつながります。自分で先生を選べる自由さがまず一つ目の理由でした。
 次に、生徒一人ひとりにつく担当フェローと教室チーフの存在です。体験の際面談をしていただいたのは教室チーフの先生でした。受験生活の年間スケジュールでいつまでに何を、どこまでやり切っておくべきなのかを明確に教えてもらうことができました。入塾後も何度も何度も助けてもらって、とてもお世話になりました。そして担当フェローという自分専属のアドバイザーの方は、月2回の面談で学習計画、進捗の確認、課題のこなし方や勉強法の助言など様々な相談にのってくれるとても心強い存在です。受験の先輩にいつでも頼れる環境が欲しかった私にはとても魅力的でした。
 代ゼミで出会った先生方、教室でいつも励ましてくれたフェローの方たちのおかげで合格できた私にとっては、代ゼミを選んだことは1年間頑張れるきっかけになった良い選択だったと思います。お世話になったたくさんの人に感謝しているし、代ゼミサテライン予備校に入れてよかったです。
今、もし迷っているならぜひ代ゼミサテライン予備校に入って、自分に合った勉強をしてほしいです。

ページの先頭へ