予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
徳島大学(生物資源産業 生物資源産業)
出身校
西宮(県立)高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 西宮北口教室

私が受験勉強をやり始めたのは高校2年の3月からです。一つ上の先輩が卒業をした日からでした。卒業をする先輩を見ていると一年後の自分が目に浮かんできて、受験勉強をしなくてはいけないと気づかされました。当時は代ゼミサテライン予備校ではない他の個別塾に通っていて、そこの自習室で学校の教材を使って勉強していました。代ゼミに入塾したのは部活動を引退した頃でした。国公立志望で全体的に勉強をしなくてはならないと思っていた時に、友達から物理の為近先生の授業がわかりやすいという話を聞き入塾する事に決めました。その時はまだ当時通っていた塾とのダブルスクールだったのですが代ゼミサテライン予備校での日々過ごすうちに勉強環境がとても居心地良く感じ、前の塾で取っていた数学を代ゼミで取ることにし前の塾を辞めて代ゼミ一筋の生活に切り替わりました。今思えばその時から私の本当の受験が始まっていたのだと思います。初めのうちはただずっと受講をして自習をしての日々でした。受験生としての始めての学校のテストをむかえた時に私はあまりテスト対策をやろうとせずに受験に向けての基礎固めばかりをしていました。今ではこの頃を少しだけ後悔しています。なぜかというと意外と三年生の時のテスト勉強の内容が記憶に残っていて模試本番で使えたからです。学校のテストは化学なら有機、物理なら電磁気、英語なら助動詞~動名詞など分野ごとに分かれているため短期間集中をすれば力になり自分の武器になると思うので、学校でのテストをあまり無駄にしないことオススメします。また、推薦を受けるつもりがないから学校の成績より受験勉強を優先するという人もいるかもしれませんが、センター後、自分の志望校以外の大学を受けることになった時、もしかしたら面接や小論文が課されるかもしれません。こういった選考では学校の成績調査書をみられます。その時、あまりにも悪い成績だとイメージダウンにつながる可能性だってありますので学校成績を無視することはおすすめしません。僕の場合は理系受験で使わない世界史などの科目も60点は切らないように目標を設定して頑張っていました。今思うとこうした努力が合格につながったと思うので、皆さんも頑張ってください。最後に、夏休みなどの長期休暇の時間の使い方について書きます。みんなそれぞれの過ごし方があると思いますが、計画だけは事前に立ててから長期休暇をむかえた方がいいと思います。僕は夏休みの時、これができていませんでした。毎日塾に22時までこもっていたのに、今日は何をしたんだろうと思ってしまった経験があります。例えばカレンダーのようなものに自分のした勉強を書き込んでいくだけで1日の達成感が得られます。ですから計画を紙に書いて勉強に挑んでください。僕は日ごとの勉強・受講計画を整理するようにしていました。週ごとに目標をたてて確実にやり切るように努力しました。計画を立てずにやみくもに机に向かうのではなく、賢く効率を考えながら頑張ってください。

ページの先頭へ

徳島大学の合格体験記

  • 徳島大学(総合科学 社会総合科学科)合格