予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
関西大学(総合情報 総合情報)
出身校
東播磨高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 加古川教室

僕が受験を意識し始めたのは3年生の夏でした。正直な話をすると受験なんて、ずっと先のことだとか、自分にはまだ関係ないと思っていました。また、僕は部活に入っていたので「部活を頑張ろう!」と思い、部活に打ち込んでいました。高校1年生、2年生はそんな気持ちでいっぱいでした。お世話になった学校の先生方からは「早めに受験勉強を始めた方が良いよ」と言われていました。しかしその頃の僕は、まだそんなに意識しなくても大丈夫だと思っていました。
今思えば、先生のおっしゃる通りに早くに勉強しておくべきだったと思います。特に国公立大学を志望する人は受験に必要な科目が多くなるので、早めに受験勉強を始めて完成しておくと良いと思います。自分を例とするならば、英語は毎日音読などで時間をかけて完成させていきました。しかし反面、他の科目はあまり出来ていなかったので、センター前に焦りの気持ちが出ていました。そんな中でも意識していたのは、問題を解いた後に答えだけを見て合っているかだけではなく、なぜ合っているのか、どのようにして考えていたのかを反省することが大事だと思います。そうすることで、本番に落ち着いて望むことが出来る一番の方法だと思います。また自分の経験として、受験の要になる科目は英語だと思います。英語で伸び悩んでいる人は文法など基礎を固めた上で音読することをお勧めします。最初は恥ずかしかったりするかもしれませんが、1か月続けるだけでも大きく違ってきます。騙されたと思って試してみてください。また受験校、学部を選ぶ際に自分が何をやりたいのか、はっきり決めることは受験勉強で自分を支えてくれる柱になると思います。僕はそれが無かったので色々と流動的になってしまいました。ハッキリ志望校や将来が決まっている人が羨ましくも思えました。
そんな自分にとって支えになったのは仲間や先生方など周りの方々でした。顧問の先生や仲間に相談されたり、励まされたりしたことが印象に残っています。
そして僕が一番伝えたいことは、諦めないことです。僕は私立大学の第一志望校の前期試験に全て落ちました。しかし周りの人達は皆、受かっていて笑顔がこぼれていました。僕はそれを素直に見ていることができませんでした。「もう受験は嫌だ。」「どうせ落ちるだろう。」そんなことばかりが頭に浮かんでいました。それでも周りの人に相談させていただくことで、ネガティブな気持ちを持ちながらも受験を続けました。その結果、後期試験で関西大学に合格することができました。あの時、諦めてしまっていたらこんな事が起きなかったと思います。本当に支えてくれた周りの人達には感謝しかありません。自分自身もこの結果には本当に満足しています。
自分の受験生活は色々なことがあり、辛いものでした。上手くいく人もいれば、いかない人もいます。僕は後者の方だったと思いますが、最後まで諦めずにやり抜くことが大切だと思います。これだけは頑張った、これだけはできるという自信を積み重ねて、芯を持って自分の道を貫き通してください。合格は必ずその後についてくるので、最後まで頑張ってください!

ページの先頭へ

関西大学の合格体験記

  • 関西大学(社会 社会-社会システムデザイン)合格
  • 関西大学(環境都市工 建築)合格
  • 関西大学(法 法学政治)合格
  • 関西大学(法 法学政治)合格
  • 関西大学(商 商)合格
  • 関西大学(商 商)合格
  • 関西大学(商 商)合格
  • 関西大学(化学生命工 化学・物質工)合格
  • 関西大学(社会 社会-心理)合格
  • 関西大学(外国語 外国語)合格
  • 関西大学(システム理工 数学)合格
  • 関西大学(政策創造 政策)合格
  • 関西大学(経済 経済)合格
  • 関西大学(社会 社会-社会)合格
  • 関西大学(政策創造 政策)合格
  • 関西大学(経済 経済)合格
  • 関西大学(システム理工 機械工)合格
  • 関西大学(文 総合人文)合格
  • 関西大学(商 商)合格
  • 関西大学(総合情報 総合情報)合格