予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
龍谷大学(文)
出身校
向陽台高校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 緑丘教室
代ゼミサテライン予備校 豊中教室

私は高校一年生のころから半年間不登校になり高校二年のころに高校を中退。すぐに別の単位制の高校に転入学したものの、学校の性質上、学校に行くのは週に三日ほどで、行ったとしても午前中のみといった、勉強とは程遠い生活をしていたため勉強は壊滅的で大学なんてとても行けるような状況でなく、高校三年生になって何とかしなければならないと思って高校受験の時に通っていたフリーステップに来ました。そこで最初の面談で代ゼミサテラインを紹介してもらい二つの塾に通うことにしました。

フリーステップでよかったと思うことは、第一に個別指導ということで自分の状況に合わせて授業をしてもらえるのはかなり大きかったです。自分は英語が苦手だったので本当に基礎の基礎から教えていただきました。他の塾の授業にいきなり入っていたら授業に追いつけず大学合格は無理だったと思います。また代ゼミサテラインとの連携もメリットだと思います。国内最高レベルの授業と自分に合った授業設計ができて本当に良かったです。勉強以外のことでは講師の大学生の先生と日常的に話す機会があって大学へのあこがれも増してモチベーションも上がりましたし、合格後は大学生活でわからないことも聞けてかなり安心しました。

勉強開始した最初のころは、本当にひどい状況で模試では自分が名前を知っている関関同立や産近甲龍といった大学は軒並みE判定合格可能性20%未満という結果でした。この時期の模試結果は恥ずかしすぎて今でもあまり人に見せたいものではありません。
 そこからまず一番苦手な英語を中心にフリーステップの授業を組みサテラインでは今までほとんど学校に通っていなかったため全く手を付けていなかった世界史を一から勉強しなおしました。そこからはほぼ毎日塾にいって勉強しました。やはり毎日塾に行くことが自分の努力したことでそこは確実に勉強時間の増加につながり合格につながったと思っています。

普段の勉強はひたすらマイペースでやっていました。お腹が空いたら何か食べて休憩する。眠たくなったら昼寝する。頭が働かなくなったらスマホゲームをする。といった感じに常に勉強し始めたときの最高のコンディションで勉強するように心がけていたことが勉強法としてよかったと思います。ただし一日の勉強時間だけは減らさないようにしていました。例えば10時間勉強すると決めたらその中で1時間休憩しようと2時間休憩しようと勉強時間は変わらず10時間をキープしていました。また勉強する場所を自習室に限定して家ではしないと決めることで「残りは家でするから今日は早く帰ろう。」と言って早く帰って結局勉強しないといったことを無くせて結果的に勉強時間の増加につながりました。

フリーステップに通っている中で一番印象深かったのは、やはり秋の合宿です。正直かなりきつかったです。朝6時半に起きてから夜まで食事と風呂以外ほとんど勉強という超ハードスケジュールでした。おそらく人生で一番勉強した3日間だったと思います。最初の1日目から2日目の夕方までは眠気と疲労と闘いながらの勉強でした。しかし2日目の夜からそれらが嘘のように無くなりました。それ以降合宿から帰った後も疲れることはありましたが明らかに疲れ始める時間が遅くなり勉強というものが全く苦にならなくなっていきました。もう一つ合宿で思い出だったのはサテラインを始めたころからずっと授業を受けてきた佐藤幸夫先生が特別授業のために来てくれたことです。そこで今まで使ってきたテキストにメッセージを書いてもらい勉強の大きなモチベーションアップになりました。

最初のころは大学なんてとてもいける状況ではなかったにもかかわらず志望校合格という結果を残せたのはフリーステップ、サテラインのそれぞれのチーフ、チューターの先生の的確なアドバイスと学習計画、またフリーステップの授業をもってくれた講師の先生方の熱心なご指導あってこそだと思います。基礎もできないくせに願望だけはある本当に厄介な生徒だったと思います。こんな自分をここまで引き上げてくれて本当に感謝しかないです。それと両親には感謝したいことが山ほどあってここには書ききれません。ただ一言、本当にお世話になりました。

ページの先頭へ

龍谷大学の合格体験記

  • 龍谷大学(政策)合格
  • 龍谷大学(法)合格
  • 龍谷大学(経済)合格
  • 龍谷大学(農)合格
  • 龍谷大学(農)合格
  • 龍谷大学(国際)合格
  • 龍谷大学(農)合格