予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
滋賀県立大学(環境科学)
出身校
八日市高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 近江八幡教室

私が一番頑張ったことは、地理の勉強です。地理はセンターの二ヶ月前でいい、など言われているのを聞いて、九月までまったく勉強していず、平均点以下の点しか取れなかった。十月からは参考書を買うなどして本気で取り組み始めた。しかし一向に点は上がらず、センター直前でも伸び悩んでいた。だが、地理のセンター対策講座を受けて、やみくもに知識を取り入れるだけから理論的に考えて取り組むようになった。センター本番の結果は七十点、傾向と違う範囲から出たものの、何とか粘れた方だと思う。しかし、もっと早くから地理の授業を取っていれば、地理に時間を裂きすぎて他の教科の点が下がることは無かっただろう。

やってみてよかった眠け対策をいくつか紹介する。眠い状態で頑張って起きて勉強したとしてもあまり意味が無い。ぼんやりしたままやるからだ。そこで、気分をリフレッシュさせる方法をいくつか試した。シャーペンで手の甲を刺すとか、息を止めるとか以外で良かった方法は、外に出て風に当たることだ。私はさらにコーラを買ったり、薄着で外に出て体を冷やすことをしていた。センター当日も行ったので、どうしても眠いという人にはぜひやってもらいたい。

塾に通っていて一番印象に残っていることは、模試の分析をするように言われたことだ。自分は問題を解いて、解説を見て分かったと思い込んで終わりにしていた。しかし、分析をしっかりしろと言われて、初めは渋々していたが、後で自分が書いた分析を見返しながら勉強をしていると、昔と今でどう成長したのかや、何をおろそかにしていたかをすぐに気付けるようになった。この頃までは過去問以外何を勉強したらいいか分からず、過去問を終えるとすぐに帰っていた。しかし、模試分析から分かった自分の弱点を克服しようと目標を持って勉強できるようになり、勉強時間も大きく変わった。私が合格した大きな要因だったのだと思う。

合格した今、両親には公募推薦を受けさせてくれたり、塾に行かせてくれたりといったお金の面だけでなく大学に送る書類の確認なども嫌になるぐらいしてくれたことを感謝していると伝えたいです。普段から物をなくしやすく、合格発表までハラハラさせたことも謝って、また、「ありがとう」と伝えたいです。
 塾の先生方には、計画を立てようとしなかったり、過去問を解いた後の分析をおろそかにするのを止めて、しっかりとした計画に基き効率良く勉強に取り組むように手助けしていただきました。そのことが合格に繋がったのだと思います。いい加減だった自分に指導していただいたことにとても感謝していると伝えたいです。

ページの先頭へ

滋賀県立大学の合格体験記

  • 滋賀県立大学(工)合格
  • 滋賀県立大学(人間文化)合格
  • 滋賀県立大学(工)合格
  • 滋賀県立大学(工)合格