予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
滋賀県立大学(工)
出身校
大谷(京都)高校
出身教室
代ゼミサテライン予備校 近江八幡教室

まず、家から非常に近く駅前で夜も明るかったので、夜遅くに帰っても家族を心配させることはないと思い、この塾を選びました。また、以前から映像授業に興味があり、実際体験してみると、とても自分に合っていたので、この塾で勉強したいとより強く思いました。

この塾の良いところは、フェローさんと生徒の距離が近いので、分からないことや不安に思うことをすぐに相談できるところです。自習室が綺麗で、休憩時間も決められているので誘惑も少ないことも良かったです。

私が一番努力したと思えることは、入塾当初物理がとても苦手だったので、物理の講座を多めにとり、かける勉強時間も増やしました。その結果、物理を好きと思うようになるくらい物理の成績が上がりました。為近先生の授業を受けていましたが本当にわかりやすく、ノートの活用法など詳しいことまで教えてもらいました。多分、自分に合っている先生を選べたことがラッキーだったのだと思います。自分が努力することももちろんですが、あらかじめパンフレットをよく読んだりフェローさんに聞いたりして自分に合った講座を選ぶことが大事です。物理苦手な人には為近先生の講義をぜひ受けてほしいです。

勉強方法としてよかったことは、国公立の二次試験の英語はほとんどが英作文を大問まるごと含んでいたりするので、早めに対策をしたことです。「もっと減点されない英作文」というテキストに含まれている使える英文などを丸暗記すると、エッセイや状況説明など様々な場面に対応できるようになりました。また、エッセイは自分の実体験を書こうとしがちですが、受験では書きやすいフィクションの方がいいと思います。とにかくどのような問題でも対応できるように、自分の志望校やそれより少しレベルの高い大学の英作文の過去問なども解いたりしていました。

これまで塾に通っていて印象的な出来事は、滑り止めの私立にセンター利用で合格したとき、不合格だと思っていたので泣きながらチーフに電話しました。電話越しとはいえ、初めてチーフに泣いているところを見られ(聞かれ)て、後で少し恥ずかしくなりました。

結果として、第一志望の大学には合格できなかったけれど、サテラインで一年間に一生懸命頑張って本当に良かったし、何も悔いはありません。応援してくれて本当にありがとうございました。大学の四年間を有意義に過ごせるよう、努力します。

ページの先頭へ

滋賀県立大学の合格体験記

  • 滋賀県立大学(工)合格
  • 滋賀県立大学(人間文化)合格
  • 滋賀県立大学(工)合格
  • 滋賀県立大学(環境科学)合格