予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
奈良女子大学(理 化学生命環境-生物科学)
出身校
高津高校
出身教室
開成ハイスクール 鶴橋教室
代ゼミサテライン予備校 鶴橋教室

 「受験生なのに学校の授業がない」そんなイレギュラーなスタートを切った一年間でした。当初から掲げていた志望校を最後まで貫き通し春からそこへ通えるとわかった時、心の底から努力してよかったと思いました。
 最も成長が目に見えて分かったのは英語です。以前から苦手ではないが得意でもないし好きでもない教科でした。しかし、単語の意味がわかると英文もスラスラ入ってくるし、何よりも日常生活の至る所にあふれる英文の意味がわかる様になるのがとても楽しく感じました。興味が湧いてくると話は早いものです。電車に乗っている時は必ず単語帳を読むという癖付けをしました。すると2ヶ月間で英語の点数が十五点も上がったのです。自分が毎日頑張ってきた事が数字に現れると「努力してよかった。これからも続けてもっと上を目指そう。」という勉強に対して前向きな気持ちになれます。
 しかし受験は調子のいい時ばかりではありませんし、辛い時の方が多いのは当たり前です。どれだけ真面目に取り組んでも全く伸びない、むしろ成績が下がっている、なんていうスランプもあります。一番しんどい時期だと思います。そんな時は、自分を甘やかしてみて下さい。私は読みたかったマンガを読んでみました。罪悪感というか背徳感というかそれらの類はありましたが、何だかスッキリしました。それで気分を入れ変え、また頑張れるようになるのです。友人に頼るのもいいかもしれません。共に競い合い、支え合う関係だから、きっと励ましてくれるはずです。
 なので私は、両親や先生方にはもちろんですが、一番友人たちに感謝を伝えたいです。「今まで支えてくれてありがとう」と。

【保護者からのメッセージ】
 子どもの性格もありますが、うちの子は浪人しても伸びないタイプかと思い、現役で合格できるようにサポートしました。
 うちの子は、何事も自分で決めることのできるタイプだったので、子どものやり方にあまり口を出さず、相談されたときに相談に乗るようにしていました。
 家ではあまり勉強している様子もみせなかったので大丈夫なのかと内心ハラハラして見守っていました。
 合格発表まで本当に落ち着かず、何をしてても地に足が付かない感じで、受験生の親としての心情を実感しました。
 無事合格して、塾のテキストや参考書、問題集などを処分するために整理しているとき山積みになった本の量をみて、現役合格するために頑張ったんだなと改めてしみじみと込み上げてくるものがありました。お世話になった方々に改めて感謝したいです。

ページの先頭へ