予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
埼玉大学(工 電気電子)
出身校
四天王寺東高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 藤井寺教室
代ゼミサテライン予備校 松原教室

 中学生の頃からフリーステップに通っており、自分の苦手な範囲を自分のペースで学べるという個別指導の強みを高校受験の際に実感し、高校進学後も大学の受験に向けて通い続けることに決めました。高校2年生の頃までは、より苦手な範囲に限定してフリーステップの授業内で演習を重ね、基礎学力の定着を目指しました。そして、高校2年生の1月頃から代ゼミサテライン予備校の映像授業の受講も始め、本格的に受験勉強をスタートさせました。
 その直後の模試の成績がそれまでより飛躍的に良くなり、このまま勉強を続ければ、志望校に合格できると勝手に思っていました。しかし、高校3年生になってから最初の模試でE判定という結果になり、国公立大学の受験全体を諦めることすら考えました。
 そんな時、先生に言われた、現役生は夏以降の頑張り次第でいくらでも成績は伸びるという言葉を信じて夏以降も国公立大学合格という目標を変えずに勉強を続けた結果、少しずつ成績が伸び始めました。それでも、最後の模試まで国公立大学は全てE判定という結果でした。夏までの自分なら、きっと諦めていたと思います。しかし、当時の自分は、まだ本番までは時間があるから大丈夫だとすぐに気持ちを切り替えることができました。
 些細なことかもしれませんが、なんでもネガティヴに考える癖のあった自分にとっては大きな変化でした。自分がここまで変われたのは、諦めないことの大切さを学んだからです。それを教えてくれたのはフリーステップや代ゼミサテライン予備校の先生方です。先生方の1つひとつの的確なアドバイスが合格につながっています。本当にありがとうございました。

【保護者からのメッセージ】
 最近の受験事情は、教育機関に勤めていたので、ある程度知っているつもりでした。しかし、実際に子どもが受験をするとなると、入試の種類や日程の多様さに困惑しました。
 志望校を考え始めた頃、フリーステップの先生から関西8大学大研究と関東大学進学ガイダンスをご紹介いただき、面談では受験にいかに対応するかを教えていただきました。志望校の選択では、大学の特徴、学びたい専門分野、通学の便を考慮しながら、子ども自身がじっくり考え、志望校を決めました。
 子どもがプレイヤー、親はマネージャーとして、志望校の入試要項を精読し、過密にならないように入試スケジュールを組みました。よい結果が出ない苦しい時期もありましたが、常に前を向き、あきらめない気持ちでチャレンジする子どもの姿に感心しました。
 結果、志望する国立大学や私立大学の合格を得られました。この経験を糧に、大学でも困難を乗り越えて成長して欲しいと思います。

ページの先頭へ