予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
同志社女子大学(学芸 メディア創造)
出身校
大阪府立咲くやこの花高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 千鳥橋駅前教室
代ゼミサテライン予備校 天王寺教室

 私は、高校3年生になるタイミングで入塾し、そこから受験勉強を開始しました。古典と英語をフリーステップで受講し、現代文を代ゼミサテラインで受講しました。勉強が得意ではなかった上、通塾することにとても不安を感じていました。しかし、担当の先生方のおかげで通塾はもちろん、勉強をすることに抵抗を感じることはありませんでした。
 私は、9月までAO入試対策に時間をかけていました。しかし、結果は不合格。受験生にとって1番重要だと言われる夏休みで私は7割程度の時間を費やし、残りの3割で公募や一般入試に向けての勉強をしていました。そのため、不合格が分かった10月上旬から勉強量を増やしても、11月に行われる公募推薦に間に合う気がせず、また公募に向けての気持ちの切り替えも容易ではありませんでした。しかし、「他の人より早い時期に挫折を経験していることは自分の強みになるよ。」という先生の言葉を聞き、心を入れ替えることが出来ました。隙間時間を見つけては英単語や古文単語を暗記し、過去問や参考書を何周も解きました。特に過去問に関しては、間違えた問題をそのままにせず理解するまで先生に質問し、自分の弱点を少しずつ消していきました。このようにして、私は合格することができました。
 私が合格を掴み取るために必要だと思ったことは、「最後まで諦めないこと」です。成績な伸び悩み、焦ったり不安になったりすることがあると思います。しかし、そこで諦めず勉強を続けることが重要です。継続して勉強することで自身の自信にも繋がります。そして私は、成績は入試当日まで伸び続けると考えます。なので、最後まで諦めず、自分のやり方で合格を掴み取ってください。

ページの先頭へ

同志社女子大学の合格体験記

  • 同志社女子大学(薬 医療薬)合格