予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
神戸大学(経済 経済)
出身校
兵庫県立北摂三田高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ フラワータウン教室
代ゼミサテライン予備校 西宮北口教室

 これを読んでいる人へのアドバイスを残して、僕の体験記とさせていただきたいと思います。
 まず、おすすめしたいのは代ゼミサテラインの授業です。中にはフリーステップの方で授業を取っているため映像授業は必要ないと考えている人もいるかもしれません。ですがやはり映像授業の方はプロの講師が行っているだけあって、分かりやすさや解説のレベルが段違いだと思います。僕が実際にやっていた方法は、問題集や過去問演習はフリーステップの授業で見てもらい、苦手な教科に関しては映像授業を受講してできる人の考え方や、やり方を学び、それを自分で問題集などで実践するというものです。特に、苦手意識や成績が伸び悩んでいる科目に関しては映像授業がおすすめだと思います。ただ、映像授業は“見る”だけでは成績は伸びないので、自分でしっかりと復習も頑張ってください。
 次に、模試についてですが、あくまで“模擬”試験だということを忘れないでください。「良くて驕らず悪くて腐らず」という言葉があるように、結果や判定が良かったらラッキー、悪かったら次頑張れば良い程度の認識で良いと思いますよ。より大切なのは結果に一喜一憂するのではなく、何ができなかったのか、何が足りていないのかをしっかりと分析して自分が今すべきことを考えることです。その際何をすべきか分からなければ、チーフや担当の先生と話をするのもよいと思います。勿論結果や判定が良いに越したことはないですが、過剰に結果に固執する必要はないと思います。
 最後にはなりますが、少しだけ自分の話をして終わりにしたいと思います。夏の共テ模試で、これまでで最低の点数を取りまあまあ絶望したのを鮮明に覚えています。その時勉強のモチベーションになったのは、部活動の総体で敗れた経験でした。僕は高校最後の総体で、あと一歩のところで近畿大会出場を逃しました。あの時の屈辱は今でも覚えています。もう負けるのはごめんだ、という気持ちで受験勉強に励みました。これを読んでくれた皆さんも、「あいつを見返してやる」「こいつには負けない」というような、どちらかといえばマイナス方面のモチベーションを持ってみるのもよいかもしれません。これから受験を迎える方、受験勉強頑張ってください。
 フリーステップと代々木ゼミナールには長い間お世話になりました。ありがとうございました。

ページの先頭へ

神戸大学の合格体験記

  • 神戸大学(法 法律)合格
  • 神戸大学(法 法律)合格
  • 神戸大学(文 人文)合格
  • 神戸大学(工 応用化学)合格
  • 神戸大学(法 法律)合格