予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

合格おめでとう!

合格校
大阪公立大学(現代システム 環境社会システム)
出身校
大阪府立泉陽高等学校
出身教室
個別指導学院フリーステップ 光明池教室
代ゼミサテライン予備校 堺東教室

 私は模試で、最後の最後まで大阪公立大学E判定でした。それでも合格できたのはなぜか、受験期を思い出してみました。そこで浮かび上がってきたのは、3つのカギでした。
 1つ目のカギは、計画的な勉強戦略をとったことです。私は夏まで大阪公立大学を第1志望にしていましたが、夏に第1志望を同志社大学に変更。国公立から私立へ変えることは教科を減らすことを意味します。親や先生に相談した上、国公立を捨てない考えで同志社志望になりました。そこからは科目数を減らしたことを武器に3科目に本気で取り組みました。私は高3の夏までを部活に捧げていたので、十分な実力も、時間もありませんでした。それでも、やるしかありませんでした。3科目を極めることは、国公立の2次力強化になりました。共通テストギリギリまで3科目、共通テスト直前は少しでも共通テスト得点率を上げる勉強をしました。5教科を回すのは正直しんどかったですし、やはり共通テストで良い点は取れませんでした。それでも2次でうまくいき、大阪公立大学合格を手にしました。実力を補ったのは、戦略でした。
 2つ目のカギは、最後まで走り抜けるための思いです。第1志望への思いを胸に、どうにか勉強を続けました。ご飯の時間や移動時間など、いかなる時間も勉強できる時間は全て捧げました。合格した自分を夢に見ながら、ただ頭を回し続けるしかなかったです。
 3つ目のカギは、仲間です。自分は特にメンタルが弱く、一緒に頑張る仲間はとても大切でした。時には悩みを話し合い、時には励まし合い、合格という目標に向かって共に進む仲間は、メンタルを保ち勉強を続ける上で必要不可欠でした。
 しんどいことも嬉しいこともありながらも、辛い時間が長かったです。それでも自力で手にした合格は、かけがえのないものとなっています。


【保護者からのメッセージ】
 1、2年は部活を頑張り、3学年になってから急に勉強をしだしました。こんなに集中するとは思っていなかったです。かなり短期間で力がつきました。思い通りの結果ではなかったかもしれませんが、親としては充分過ぎる結果を残してくれました。楽しい大学生活になれば良いと思います。

ページの先頭へ

大阪公立大学の合格体験記

  • 大阪公立大学(経済 経済)合格
  • 大阪公立大学(農 緑地環境)合格
  • 大阪公立大学(現代システム 環境社会システム)合格
  • 大阪公立大学(経済 経済)合格
  • 大阪公立大学(現代システム 教育福祉)合格
  • 大阪公立大学(工 電気電子システム工)合格
  • 大阪公立大学(法 法)合格
  • 大阪公立大学(理 生物化)合格
  • 大阪公立大学(看護 看護)合格
  • 大阪公立大学(医 リハビリテーション 理学療法)合格
  • 大阪公立大学(経済 経済)合格