予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

開成教育グループ代ゼミサテライン予備校の英語資格対策講座

まずは代ゼミの映像授業で知識を習得

代ゼミサテライン予備校では、英検®対策講座も開講。受験級に合わせた教材を使用した最新のカリキュラムで、4技能を効率よく学びます。苦手な部分を繰り返し視聴したり、ピンポイントで英作文を受講したりなど、代ゼミサテライン予備校ならではの受講スタイルが可能です!

独学では学びにくい『書く』『話す』力を伸ばす

知識をインプットしたあとはWebレッスン『ベストティーチャー』を利用したアウトプットを実施。映像授業で身につけた知識を使っての外国人講師による英作文の添削や英会話を行い、『書く』『話す』力を伸ばします。

ベストティーチャーWEBレッスン

  • 自分が書きたいこと、話したいことをまずはライティング。自分で書くことで発信したいことを整理し、『書く』力を伸ばします。書いた英文は外国人講師が添削します。

  • 講師が添削してくれた英文が録音された音声を暗記するぐらい聞き、音読することで英語が身につきます。

  • 講師が添削してくれた英文を元に、世界中の一流外国人講師とSkypeで英会話を実施。『話す』力を伸ばします。

受験級ごとの講座内容一覧

講座名 講座内容
英検®準1級
対策講座
代ゼミ映像授業45分×12
+
ベストティーチャー3レッスン
英検®2級
対策講座
代ゼミ映像授業45分×10
+
ベストティーチャー4レッスン
英検®3級
対策講座
代ゼミ映像授業45分×8
+
ベストティーチャー2レッスン

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

※このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

ページの先頭へ

開成教育グル-プ英語資格対策講座

GTEC® CBT対策講座

~「GTEC」 CBTで800点以上を目指す~

「GTEC」 CBTとはベネッセコーポレーションが実施する英語4技能試験です。
グローバル人材を目指す高校生の英語4技能の総合的なコミュニケーション能力を、コンピューター(パソコン)による出題・解答方式で測定します。
GTEC® CBT対策講座では代ゼミサテライン予備校『GTEC® CBT解説講義〈OVER800!〉』の講座で、1400点満点の「GTEC」 CBTにおいて800点以上を目指します。

「GTEC」 CBT採用大学

立命館大・関西学院大・同志社女子大・学習院大・中央大・立教大など

※「GTEC」は、株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。
※『GTEC® CBT解説講義〈OVER800!〉』は、株式会社ベネッセコーポレーションより、公式問題使用のライセンスを受けて、代ゼミサテライン予備校が企画・制作したものです。
※これらの商品・サービスの内容は、「GTEC」の承認や推奨を受けたものではありません。

TEAP対策講座

TEAPは日本英語検定協会が大学入試を想定して開発した英語検定試験です。
「大学教育レベルにふさわしい英語力」(英語4技能)を測る設計となっており、大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成されています。
TEAP対策講座では代ゼミ独自のテキストを使い、代ゼミサテライン予備校『TEAP』対策実戦演習』の講座で短期間での実力アップを目指します。

TEAP採用大学

関西大・近畿大・龍谷大・上智大・青山学院大・専修大など

ページの先頭へ

オンライン英会話「English Speaking Training(EST)」

4技能育成オンライン英会話「English Speaking Training」を用いてオンラインレッスンとスピーキングテストを行う講座です。英語の教授法はもちろん、日本のマナーや慣習・教育・文化などの研修を受けた講師が指導しますので、スピーキング力、リスニング力の向上だけでなく、表現力も身につけることができます。英語のレベルに応じてお申込いただけます。また、この講座をお申込の方は英検やGTEC®などの各種検定の対策問題集もお渡しいたします。

English Speaking Training

海外講師とのオンラインでのSpeakingトレーニング

スピーキングテスト

受講レベルを選択可能・自宅受講

※「English Speaking Training(EST)」はベネッセコーポレーションが提供するサービスです。

学習指導要領準拠 × CEFR(セファール)に対応

「EST」で扱う文法・語彙はCEFRと日本の中学・高校の指導要領に準拠したテキストを使い進められます。そのため学校での授業と並行して無理なく英語力を鍛えることができ、学校で学んだ知識の定着から応用力まで身につけることができます。 会話内容は生徒に身近な場面や状況を設定した会話が中心となっており、「実際に使う」場面に対応する力をつけることができます。粘り強くスピーキングのトレーニングに取り組むことで英語でのコミュニケーションが楽しくなり、大学入試対策のみならず、留学や高校卒業後も使える活きた英語力の習得にもつなげることができます。

CEFRとは?

CEFR(セファール:Common European Framework of Reference for Languages)とは「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠」のことで、外国語のコミュニケーション能力を測る国際標準規格で熟達度を6段階に評価します。

ページの先頭へ

フリーステップ×代ゼミサテライン 併設教室
開講教室一覧は ►こちら