予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

[解答の一行一行すべてに理由がある!]阿由葉 勝(あゆば まさる)講師(数学)

先生からのメッセージ

「問題が解けること」と「試験で点をとること」は別物

受験数学では2つの力が必要。1つ目は「解く力」。知識 ( 定義・定理・公式・手法・工夫 ) を身につけ、論理的思考( 把握・言い換え・発想 ) を訓練し、論述 ( 記述・表現・説明 ) を習得し、計算の訓練も行う、などから築き上げるのが「解く力」。もう1つは「実力を出しきる力」。家や自習室では解ける、あとで解きなおしたら普通に解けた、解答を見たら知っていることばかり使っている、本当ならあと5点はとれたのに。数学の試験ではこのような状況がほぼ全員に起こる。どんなに「解く力」を身につけても「実力を出しきる力」がない人は合格できない。その両方を身につけるための授業を展開する。大変だけどしっかりついてきてくれよな。一緒にがんばろうぜ。

阿由葉講師へのインタビュー

生徒から「阿由葉先生の授業で数学がわかるようになった」という声をよく聞きます。
「数学嫌い」を治すポイントとは何でしょうか。

講師色々な手法があるのでしょうが、僕は、覚えるものと覚えなくていいものを明示しています。数学が苦手な生徒は、「数学は計算だ」とか「公式に当てはめる」で思考が終わってしまっているので、そこから何をどうやって進めていけばいいのかわからなくなっていると思うんです。だから、覚えるもの、つまり暗記するものと、覚えなくていいもの、つまり思考するものを明示することで、整理して勉強が進められると思います。
あと、問題集を一問ごとに解いていき、つながりを見ずにそれぞれのパターンを修得して終わっている傾向が強いですね。これは恐らく、中学でのテスト対策、つまり決められた範囲の勉強をする時、類似問題や過去問をテスト直前に渡されてガリガリ解いていく、そういった学習方法の影響なんです。中学では、このような「パターン学習」で何とかなってしまうんですね。ですが、高校に入って同じ方法でやっていくと、高1の1学期は何とかなっても、三角関数や確率の分野に入ると点が取れなくなっていく。そうすると、今までやっていたことをしているのに点が取れなくなるので、「高校で数学が難しくなった」となるんですね。 中学数学と高校数学では、同じ「数学」といっても求められている能力が違います。中学では「機械的な作業」で何とかなりますが、高校では「機械的な作業」は最後に出てくるものであって、それよりも問題文を読んで「機械的な作業」までもっていくまでの「翻訳」が求められます。難しく書いてある問題文をわかりやすく言い換えたり図や表にまとめたりすることで、「本質的にはこういうことを言っているんだ」と理解できて、そこからようやくパターンに当てはめて作業することができるんですね。その辺りをわからずに、「数学が苦手だ」「センスが無い」と言って文系に進んでしまう生徒が余りに多いのが、僕は残念です。高1の最初の時点で勉強方法を掲示することで、状況はだいぶ変わると思うんですけどね。

苦しみながら数学の分厚い問題集に向かっていた高1の私に聞かせたいです(笑)

講師僕はまさに、分厚い問題集で苦労している生徒に話をするんですよ(笑)高校生がよく使っている問題集では、まず例題があって、そっくりの類題がすぐ下にあるので、生徒はそれを解きます。生徒はパターンで解くことに慣れているので、当然ですが例題の真似をするんですね。それでその問題は解けます。ですが、ページをめくっていくと、章末問題がありますよね。それは解けるようになっていない。「これだけたくさん解いてきたのになぜ章末問題が解けないんだろう?勉強方法が間違っている証拠じゃないか?」ということです。
もちろん、1問1問解くことは最低限必要なことです。パターン学習を否定しているわけではなく、そこで終わったらいけない、ということなんです。例えば、問題文が違うのに同じ解き方をした問題があれば、並べてみて下さい。「こういう設定ではこういう解き方を使うのか」と類似点を自分で発見することで、考えるトレーニングになります。反対に、よく似た問題文なのに解法が全く違う問題を並べてみると、少しの違いで大きく解法が違うことが発見できます。

「数学」に必要な力がわかってきた気がします!そういった力を培うのには、どのようなことが重要だとお考えですか?

講師僕がよく言うのは、「論理的に考えなさい」ということです。常に論理的に考えながら数学に接していくと、問題文を読んだ時に「これはこうだからこうなるんだな」とか、「これはこうならないからこっちにするしかないな」と予測できるようになっていきます。 繰り返しますが、数学は暗記ではない、考えるものなんです。暗記に頼らない勉強法を身につけてほしいですね。 あと、大切なことは「興味を持つ」ことです。授業が終わった後、「予習の時はこう解いていたのに、ここが間違っていたのか。」のように会話している生徒は、成績が伸びていきます。新しい解法に出会った時に「ふ~ん」で終わってしまうか驚きをもって吸収するかでは、広がりが違います。僕が通っていた塾の話なんですが、先生に「○○終わりました」って言うと怒られたんです。「○○が終わったから、次は△△をしていいですか」って聞きなさい、って。その時はただ怖いなって思っていたんですが(笑)、今考えると、言われたことだけするんじゃなくて次に何をするのか自分で考える習慣をつけさせようとしていたんだと思います。興味を持つこと、自分の頭で考えること、創意工夫をすることは能力を伸ばす大切な要素ですね。

ページの先頭へ

主な担当講座・著書

担当講座

  • 阿由葉勝の標準数学Ⅰ・A・Ⅱ・B
  • 阿由葉勝の標準数学Ⅲ

著書

  • 出題タイプ別 確率の解法がこんなにわかる!【中経出版】
  • 阿由葉勝の文系数学最頻出テーマ[Ⅰ・A・Ⅱ・ B]を攻略する本【中経出版】

授業動画サンプルを見たい人はこちら!

もっと知りたいと思ったら、お近くの代ゼミサテライン予備校へ

近くの教室を探す
教室の雰囲気やアクセス情報を掲載!
教室見学(無料)・体験授業も受付中!
入塾に関するQ&A
入塾までの流れや、入塾料・授業料のご説明はこちら!

ページの先頭へ