フリーステップ

点数アップと大学受験に強い 個別指導

勢いが止まらない!顧客満足度3年連続全国No.1

フリーステップと代ゼミサテライン個別指導単独でこの実績 個別塾単独で圧倒的 2020年 合格実績

大学受験 個別単独塾でこの実績

中学受験

指導内容

苦手単元は残さず克服を。受験生は入試本番を想定した強化対策期間!

冬期講習は“弱点克服”が目標です。自分の足りない部分に焦点を当て、効率よく学習することが成績を伸ばすポイントです。受験生は過去問題の演習をするために、学習した全単元をしっかり理解出来るようにしていきます。

冬期講習の学習のポイント

算数 図形の角度や面積、体積を求められるようにしていきます。また、速さ、道のり、時間を求める文章題も学習します。複雑な文章題に慣れつつ、計算を早く処理する力をつけていきます。
国語 学年が上がるにつれて難化する読解問題に対応するために物語や論説文への理解を深め、文章形式ごとの読解の精度を高めます。また、敬語表現の内容を押さえて日本語を正しく読解、活用できるよう学習します。
理科 身近な物の名称や成り立ちを学習します。生物や地学分野では、語句からイラスト、イラストから語句が分かるようにします。たくさんの語句や考え方があるため、冬期講習を利用してしっかりと定着させていきます。
社会 日本という国の全体像をつかんでから、各地域の特徴をしっかり理解し、混合することなく丁寧に押さえていきます。地理分野は特産品と気候・地形をセットで覚え、歴史分野は流れをつかむことがポイントです。語句をただ暗記するのではなく、相互に関連付けながら知識を整理していきます。
英語 日常生活における表現を通じて、主語によってbe動詞を使い分けるなどのルールを理解し、英文の型を覚えられるように練習していきます。また、6年生は職業、学校の施設、自然といった内容を通じて英文法を総復習し中学準備に備えます。
2学期内容は重点的に復習し、学年末テストに備えた対策をしよう

1学期、2学期と学習してきた中での苦手単元は必ず克服していきます。特に難しい単元が多い2学期内容は重点的に復習します。また、学年末テストは1年生のうちで一番範囲が広い定期テストになるため、冬期期間中の先取り学習で高得点を狙います。

冬期講習の学習のポイント

英語 疑問詞を正しく覚え、Yes/Noでは答えられない疑問文の作り方や答え方を学習します。また、現在形を基本とする語順を確認しつつ、「現在進んでいる」事柄を描写する「現在進行形」の作り方を覚えていきます。
数学 比例と反比例の定義を認識し、式からグラフを描けるようにします。空間図形においては、2年生で学ぶ図形の証明問題に向け、直線と平面の位置関係を確実に見極める力をつけていきます。
国語 小説では、登場人物の心情の変化を読み取れるようにします。詩では、表現技法に着目し、短い表現の中に込められた作者の思いを読み取れるようにします。古文読解では苦手意識が芽生えないよう読み方のルールを理解していきます。
理科 物体にかかる力の大きさ、向き、作用点についてのポイントを押さえ、正しい矢印(力の向き)を書けるようにします。また、水溶液や物質の状態変化を理解し、図・表・グラフの数値を用いて計算できるようにします。
社会 アジア、ヨーロッパをはじめとした世界の諸地域について自然や産業のポイントを押さえます。歴史の学習では、古代から鎌倉幕府成立までのできごとを時代順に整理して把握できるようにします。
高校入試で頻出となる単元を総復習しよう

中学2年生で習う単元は高校入試で頻出の単元が多いため、苦手な単元は冬期のうちに克服していきます。また、学年末テストは範囲が広いうえに難解な単元が多いため、冬期の先取り学習で余裕を持った対策をしていきます。

冬期講習の学習のポイント

英語 不定詞、動名詞の意味と用法を正しく理解できるようにします。さらに、接続詞の用法や意味を正しく理解することで、長文問題を読むときに英文の量が多くなり内容が難しくなっても、スムーズに読解できるようにします。
数学 1次関数の文章題が解けるようにします。規則性の問題や図形上を点が動く問題では、図を描いて問題内容を整理できるようにします。合同の証明では、図形のどこに目をつけ、どういった手順で解けばよいかが分かるようにします。
国語 小説では、あらすじを理解して物語の全体像を把握し、主題を読み取れるようにします。古文では、古典特有の敬語に注意し、人物の関係や人脈をとらえられるようにします。
理科 オームの法則を使いこなせるようにします。電力、電力量を求める計算は高校に入っても使うため、しっかり内容を整理して理解できるようにします。また、熱分解や電気分解などの分解方法も学習します。
社会 日本の産業について地域ごとの特徴とその理由を合わせて理解できるようにします。近代以降の歴史では、日本だけでなく欧米の動きと一緒に押さえることで、世界全体の流れを把握できるようにします。
3年間の総復習と入試傾向に合わせた入試形式の演習を集中対策

冬期講習を通して志望校の傾向と自分の弱点を把握し、中学3年間の総復習と入試形式の演習を徹底的に行います。解けない問題にぶつかったときは、類題演習と過去問演習の繰り返しを行います。また、時間配分や解答順序などを意識し、入試本番に向けた戦略を立てられるように取り組みます。

冬期講習の学習のポイント

英語 文法の総復習を行い、入試頻出の単語・語句・発音について徹底的に問題演習を行います。関係代名詞、分詞など長文問題では頻出で難解な単元なので重点的に演習します。また、仮定法や原型不定詞といった新出単元内容を再確認し、合格に向けた足場固めを行います。
数学 3年間で習った計算・関数・図形分野それぞれの総復習を行います。計算分野では、入試頻出の平方根・展開・因数分解・2次方程式などの単元についても徹底的に演習を行い、確実に得点できるようにします。関数分野では1次関数の応用問題について、入試で問われる形式に慣れていきます。また、図形の性質、合同条件などについても理解を深めます。
国語 物語文・小説文の読解演習では、登場人物の心情の捉え方から、文脈理解のポイントまでをしっかり押さえていきます。古文では、仮名遣い・主語など、基本的な事項から確認を行い、文章の枠組みと要旨を的確に捉えられるようにしていきます。入試頻出の作文についても繰り返し演習を行い書き方の決まりを覚えられるようにします。
理科 1・2年生の復習では、植物の体のつくりとはたらきの観察問題、化学変化や光・音、電流の実験問題、地震や天気の変化の問題を中心に学習します。3年生で学習した内容では、細胞分裂、イオン、物体の運動、太陽や星の動きなどの単元について理解し、実戦力を身につけていきます。
社会 地理では、グラフや統計を用いて各地方の特色を比較できるようにし、歴史では、時代の流れを把握し、重要事項について理解しながら暗記していきます。公民では、発展的な融合問題にも取り組み、入試に対応できる実戦的な力の養成を図ります。
1年生で学んだ範囲で苦手とする単元は総復習して克服しよう

定期テストや模試の結果を踏まえ、目標達成のための軌道修正をします。また、定期テストで高得点を狙うために、これまでの総復習ならびに学年末に向けた先取り学習を行い、年明けの授業やテストに余裕を持って臨めるようにします。

高校1年生 冬期講習の学習のポイント

英語 英文法では、長文読解において必要不可欠な後置修飾や仮定法を学習し、長く複雑な1文であっても、正しく文構造を理解できるようにします。また、混乱しやすい不定詞と動名詞の違いは、繰り返し演習することで定着を図ります。比較の単元では、入試に頻出する同意文への書きかえ問題などを理解し、使いこなせるようにします。
英語長文では、理論立てて長文を読み込み、読解力を身に着けます。5種類の文型を意識し、スラッシュリーディング、パラグラフリーディングを活用し、冬期講習が終わる頃には入試レベルの長文でも読解できるようにします。
数学 数学Iでは、2次関数の一般形を使いこなせるようにします。最大・最小を求める問題では、要点を押さえた丁寧な2次関数のグラフを描けるようにします。また、今後難しい問題に取り組むにあたって必要不可欠な「単位円」の考え方も身につけ、三角比の定義を説明できるようにします。
数学Aでは、場合の数を正しく求め、確率の式を導けるようにします。また、入試頻出の独立試行・反復試行の確率を求める問題は、繰り返し演習し考え方を定着させます。図形問題では、定理や用語、基本性質を一つずつ確実に理解していきます。
国語 小説では、心情把握に関する記述問題への対策だけでなく、解答の根拠の見つけ方を理解していきます。また、熟語や漢字も対策し語彙力強化を図ります。古典では、「動詞」「形容詞」「形容動詞」の活用形の復習を行い、助動詞の学習に入ります。文法だけでなく、重要古典単語など、古典知識の強化も図ります。
理科 化学では、化学反応式の組み立て方と特徴を理解できるようにします。物理では位置エネルギー、運動エネルギーなど公式がたくさん出てくる分野をもう一度復習し、より実戦的な力の養成を図ります。生物では、生物の特徴やそのはたらきについて理解できるようにします。
社会 科目ごとに学校進度を確認し、定期テストに対しての暗記だけでなく、重要語句や流れを確実に定着させ、自分で説明できるようにしていきます。
高1・高2の履修内容は完了し、入試基礎力を完成させよう

受験学年を迎える前に、入試基礎力を完成させる必要があります。冬期期間中に標準レベルの問題に取り組みながら、幅広い問題に応用の効く基本的な解答力を身につけていきます。また、年明けの共通テスト模試に向けた対策も行っていきます。

冬期講習の学習のポイント

英語 英語構文では、入試頻出で優先度が極めて高い単元の関係詞構文、比較構文の特徴を理解していきます。また、副詞節では「どの部分を修飾しているのか」「何の語が省略されているか」を読み取る力をつけていきます。倒置・強調構文では、倒置の部分を正しく見つけられるようにします。
英語長文では、後置修飾の形に慣れていきます。日本語には後置修飾がなく正しく読むのは容易ではないため、演習を繰り返します。長文読解では、カギとなるthatの用法を理解し、読解力を上げていきます。また、等位接続詞が結んでいるものを見分けられるようにしていきます。
数学 数学Ⅱでは、微分の基礎となる部分について確実に定着させていきます。また、高次の関数のグラフの概形は増減表を用いて描けるようにします。積分計算では、問題を解く上で重要になる、素早い正確な計算力を身につけ、丁寧なグラフの作図もできるようにしていきます。
数学Bでは、新しい概念「ベクトル」の考え方を定着させます。平行や垂直の証明、内分比を求める問題は、より多くの問題に取り組み素早く行えるようにします。また、理解しづらいベクトル方程式は図で表現することで解き方をマスターします。
国語 現代文では、「評論文」と「小説」の読み方、読解のポイントについて確認するだけでなく、熟語や漢字も取り扱い、語彙力強化も図ります。「評論文」では同形反復や文章の対比などの評論文の構造を細かく分析し、「小説」では小説の読解で最も重要な「人物の心情把握」について重点的に確認します。
古文では、古典文法の総整理と古典読解演習を行います。「動詞」「形容詞」「形容動詞」の活用を復習した後、「助動詞」を中心に古典文法の確認を行います。また、読解演習を通して、読解で必要な知識や古典常識などを効率的に確認します。
理科 化学では、物質の状態・変化、有機化合物、モル計算や熱化学方程式の計算、無機物質の名前と反応などを中心に解説・演習を行います。
物理では、斜方投射、円運動、気体分子の運動、波動分野、電磁気分野などについて、基礎的な内容から高度な内容まで丁寧に解説を行い、確実に得点できるよう十分に演習を積んでいきます。
生物では、生命現象と物質、遺伝の法則や生物の発生の過程、動物・植物の反応などについて詳しく確認し、演習を通して各内容の理解を深めます。
社会 科目ごとに学校進度を確認し、定期テストに対しての暗記だけでなく、1年後の受験に向けて重要語句や流れを確実に定着させ、自分で説明できるようにしていきます。
過去問演習で見つかった課題点を克服し、志望校の合格ラインを超えよう

冬期講習を通して志望校の傾向と自分の弱点を把握し、徹底的に演習を行います。解けない問題にぶつかったときは、類題演習と過去問演習の繰り返しを行います。また、時間配分や解答順序などを意識し、入試本番に向けて徹底的に問題演習に取り組みます。

冬期講習の学習のポイント

英語 志望校の傾向に沿って、重要構文・長文読解の演習を徹底的に行います。英語は大学によって文法や長文の比率が異なるため、志望大学ごとに時間配分や解答順序の戦略を立てた対策を行います。この戦略を意識しながら頻出問題の演習を重点的に行うことで、志望校合格に向け、より実戦的な力の養成を図ります。
数学 【文系】数学Aの確率や、数学Ⅱの微分積分など志望大学の入試問題で問われやすい単元を中心とした演習を行います。頻出単元を集中演習することで得意単元にします。
【理系】数学Ⅲの微分法では、合成関数の微分や増減表の作成が確実に行えるようにします。積分法では、置換積分法・部分積分法の計算ミスをなくすこと、さらに回転体の体積の問題など、やや発展的な問題に慣れることを目指します。
国語 評論問題は大学入試では必出です。漢字や言葉の意味を押さえながら、入試に対応できる評論問題読解法をマスターし、難易度の高い問題でも確実に読解できるようにします。古文では、古典文法の総整理を行い、正確な古典読解ができるようにし、確実に得点できる問題を増やしていきます。
理科 化学では、計算問題が多く出題される分野を中心に演習します。物理では、運動量保存則、等速円運動、単振動などの力学や、波・電磁気の分野の標準問題を中心に演習します。公式の数が非常に多い分野ですが、冬期中にそれぞれを使いこなせるようにします。
社会 世界史、日本史では、これまでに学習した範囲について、時代ごと国ごとに復習を行います。この冬期で時代の流れや重要語句を確実に定着させ、さらに正誤問題や史資料問題といった入試本番特有の問題演習にも取り組みます。地理では、地図や統計資料を用いた様々な問題に取り組み、より実戦的な力の養成を図ります。

冬期講習実施要項
いつからでも参加可能!申込期限 1/4(火)

  • 第Ⅰ期12/8(水)~12/15(水)
  • 第Ⅱ期12/16(木)~12/23(木)
  • 第Ⅲ期12/25(土)~1/4(火)
  • 第Ⅳ期1/5(水)~1/12(水)

時間割

第Ⅰ期第Ⅱ期第Ⅲ期第Ⅳ期
8:20~9:40
9:50~11:10
11:20~12:40
12:50~14:10
14:20~15:40
15:50~17:10
17:20~18:40
18:50~20:10
20:20~21:40 ●* ●* ●*

*授業時間帯は教室によって異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。
※学校の講習授業や夏期休暇開始日に合わせて、自由に時間帯をお選びいただけます。振替授業も可能ですので、お気軽にご相談ください。
休校日:12/12(日)、12/19(日)、12/24(金)、12/31(金)、1/1(土)、1/2(日)、1/3(月)、1/9(日)

先輩たちから喜びの声が続々!

2021年はフリーステップ単独実績として過去最高の関関同立合格者を輩出。ウェブサイトでは、大学以外にも高校・中学受験の成功者たちを含め、開成教育グループ合格者喜びの声を公開しています。

もっと見る!

授業開始までの流れ

授業開始までの流れ

教室紹介

大阪 滋賀 京都 奈良 兵庫 徳島