予備校界最強の講師陣がお届けする高校生対象の基礎学力向上・難関大合格を目指す映像授業

西神中央教室

  • 教室トップ
  • 教室からのご案内
  • お知らせ一覧
  • フェロー紹介
  • アクセスマップ

限られた時間で最大限の成果を出すために必要なこと

足立 翔 代ゼミサテライン予備校大学受験専門館では、予備校界屈指の実力と言われる代々木ゼミナールのトップ講師の授業を、地元でもご覧いただける映像授業を提供しています。受験に必要な全科目を受講可能なのはもちろん、今の自分に合わせたレベル、志望校の傾向対策、自分の予定に合わせて考えられる受講ペースなど、受験生として必要な質の高い勉強を必要な量で行うことができます。もちろん自習室を完備しているので受験勉強のベースとしてご利用いただけます。また、生徒一人ひとりに受験指導を行う担任制を採用しています。自習管理をはじめ、限られた受験生活の時間の中であなたにとって一番効率のいい勉強スケジュールを一緒に考えていきます。 今まで「なんとなく勉強をしてきた人」や「勉強しているのに成績が伸びない人」、「今よりももっと高いレベルで勉強をどんどん進めたい人」はぜひ気軽に相談してください。あなたの勝ち方を一緒に考えましょう!

足立 翔

教室からのご案内

教室へのお問い合わせはこちら!

078-965-8755

(受付時間:14:00~20:00)

  • 教室見学(無料)も受付中!体験授業はこちら!
  • 受講料や指導内容をお届け!資料請求はこちら!

その他のお問い合わせはこちら

近隣の教室も探す
板宿教室(代ゼミサテライン予備校)

教室一覧へ戻る

教室詳細情報

基本情報

所在地 〒651-2273 兵庫県神戸市西区糀台5-6-3 神戸 西神オリエンタルホテル 3階
電話番号 078-965-8755
受付時間 14:00~20:00
施設 自習スペース

アクセスマップ

拡大図はこちら

外観

この建物が目印!

開講サービス 代ゼミサテライン予備校(高1~高卒)、個別指導学院フリーステップ(小3~高卒)
在籍生徒 長田高校、滝川第二高校、星陵高校、須磨東高校、神戸高塚高校、伊川谷北高校など
アクセス方法 神戸市営地下鉄西神線「西神中央」駅 徒歩2分

ページの先頭へ

お知らせ・イベント

もっと見る

無料体験授業(代ゼミサテライン)

無料体験授業(代ゼミサテライン)

フェロー紹介フェローをクリックするとメッセージが表示されます

もっと見る

受験生としての1年間はとても辛くて、しんどい1年間になると思います。しかし、この1年間を乗り越えた後には、素晴らしい大学生活が待っています!素晴らしい大学生活を迎えるために、人一倍努力して結果を残さなければなりません。そのような受験生活を私たちがサポートしていきます。一緒に頑張って、受験生活を乗り越えていきましょう!

藤井フェローのオススメ講座はこちら!
西谷昇二のハイレベル総合英語 西谷 昇二 講師

西谷先生の英語の授業はとても分かりやすいです!英語の長文を読むにあたっての基礎から丁寧に教えてくださっており、難しい長文を読む力がつくと思います。英語が苦手な人も、得意な人も英語の点数を上げたい人にオススメです!

受験は戦略です。綿密な学習計画とそれに沿った着実な努力が合格のカギになります。正しい学習方法と十分な学習時間があれば成績は必ず伸びます!「勉強の仕方がわからない・・・」そんな時は是非質問してください!受験を乗り切った私達フェローが全力で合格までのサポートをします!

田代フェローのオススメ講座はこちら
佐藤幸夫の世界史(正誤対策&盲点チェック) 佐藤 幸夫講師

世界史の一年間の範囲を、オリジナルの正誤問題を通して総復習できるこの講座は、まさに「世界史最後の救世主(メシア)」と呼ぶにふさわしい講座です。幸夫先生によって100個に集約された頻出ポイントは、受講するすべての生徒に役立つはずです。重要事項がまとめられたこのテキストに、自ら必要だと思うことをを書き足せば、入試直前にあなたを救う救世主(メシア)になること間違いありません!

受験勉強は、一人でやり抜くことが難しいものだと思います。知らない事、わからない事、そもそも何がわからないか、わからないというような事もあると思います。知らなかったけれど、知っていたら結果が変わっていたかもしれないと思うことがないように、精一杯この代ゼミサテライン西神中央教室で受験生の皆さんをサポートしていきます。よろしくお願いします。

尾形フェローのオススメ講座はこちら
センター・私大漢文 北澤紘一講師

とにかく北澤先生は知識が多いです。 漢文が得意な人、苦手な人もぜひ受講していただきたいです。自分の受ける大学の二次試験に漢文がある人は、漢文でこそ他の受験生に差をつけるために、国立大漢文などをとることをオススメします。

ページの先頭へ