小学生対象の学力アップ・中学受験志望校合格を目指す少人数制の学習塾

小学4年生

一週間の学習計画の確立

4年になると学習時間も増えて、
おけいこ事との両立が心配。

まずは準会員からスタートしていただき、1週間の学習計画をしっかり立ててみてください。準会員は週テストがありませんので、1週間の時間を使って、じっくり取り組めます。それならば、塾のない日に、おけいこをする時間はやり繰りできますね。
さらに上手に両立するには、「日曜日をうまく活用する」とよいでしょう。1週間の復習を日曜日にしっかりやると、次週から気持ちよくスタートできます。時間を上手に使う工夫さえすれば、おけいこ事との両立は十分に可能です。

指導内容

算数

本格的な受験生としての学習を始める学年です。小4以降は、小学校の学年をこえて大幅な先取り学習をします。まず小数・分数の意味とその計算方法を学びます。四則に基づいた文章題を継続して指導し、今後、重要となる、速さ・割合/分数・差集めの入門をします。また、場合の数や規則性の学習を通じて「数え上げること」についての訓練を始めます。図形問題では角度・面積・体積などを習得します。

重点項目計算能力の向上・文章題の基本パターンの習得・基礎図形の習得

国語

本格的に受験を見据えた学習が始まります。2,000字程度の文章を読み、50字程度の解答の作成が、この学年では求められます。単純な物語や説明文だけでなく、やや観念的な文章も扱います。漢字の学習もただ覚えるものから、同音異義や同訓異字の使い分けといった意味の理解へと進化します。また、三字/四字熟語・ことわざや慣用句といった語彙・語句知識においても、5年生で学ぶ広範な知識への準備をここでします。

重点項目語彙力を増やし、「書く」習慣を身につける。

理科

4年生の理科は昆虫や植物、水の状態変化、星座・月など身の回りの生物や現象を取り上げます。開成ベガではこれらの単元を単に知識として教えるのではなく、具体的な事象と関連させながら理科への興味付けを図ります。理科の面白さに目覚めさせ、無理なく受験に誘導いたします。

重点項目身近で具体的な現象と単元内容を関連させ興味付けを図る。

ページの先頭へ

実施テスト

【準会員】
月例(組分け)テスト
全国統一小学生テスト

準会員生は基本的に月例テスト(4週分の単元内容を総合的に網羅した総合テスト)を受験いただきます。
全国統一小学生テストは6月と11月の年2回開催される四谷大塚主催の実力テストです。知識内容と思考内容がふんだんに出題されます。(開成ベガ4年生は必須参加となります。)

【正会員】
週テスト・組分けテスト
全国統一小学生テスト

正会員生は基本的に毎週の単元の定着度をはかる週テストを受験いただきます。また4週分の単元内容を総合的に網羅したテストとして組分けテストを受験いただきます。組分けテストは自身のコース・組のさらなる飛躍を目的としています。全国統一小学生テストは6月と11月の年2回開催される四谷大塚主催の実力テストです。知識内容と思考内容がふんだんに出題されます。(開成ベガ4年生は必須参加となります。)

ページの先頭へ

合格までの歩み

H・Kくん(K小学校卒/開成ベガ北巽教室出身)の場合

小学4年6月

地元の公立中学校に上がることにやや疑問を感じながらも、この段階では中学受験を強く希望していたわけでもなく…。近くにあることとご近所の評判のよさで通塾を開始。最初は中学受験コースではなく、アドバンスコースへ。

小学4年12月

★開成ベガへ移籍

宿題をきっちりこなし、成績も上がる。やればやるだけ伸びるかも…と思っていたところ、担当の先生より中学受験コースへの打診がある。開成ベガの指導方針や、週テストの意義の説明を受け、本人が中学受験をやる気になる。

小学5年2月〜4月

いざ始まってみると、これまでの算数・国語に、理科と社会が加わり不安になるが、「必ず慣れてできるようになります」と担当の先生からの一言。春期講習が始まる頃には、宿題にも慣れ、毎週の週テストもペースをつかめるように。

小学5年5月

★先生のアドバイス

問題はどうにかこなしているが、思うように成績は伸びず、苦しむ。先生に相談し、本人と一緒に一週間のタイムテーブルの見直しをはかってみることに。

小学5年夏
モチベーションUP

★合宿参加

GWをはさみ、気分転換とペースの修復ができたところで、自分なりのリズムができる。順調に成績も伸び、組分けでBの1組に。夏期講習、夏期強化合宿で競争心が芽生え、2学期から、また新たな目標(組分けテストでライバルに負けない)にむけて、頑張り始める。

小学6年

先生からのアドバイスや、ライバルへの闘志が支えとなり、志望校に合格!

ページの先頭へ